FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業から3週間経ちました。

2009.03.14.15:52

ここ数日雨が降らず、喜んでいたのもつかの間。
今日はものすごい暴風雨でしたね。。。傘もさせません。
ということで、朝一のトイレタイムに出してやれないまま、起床から3時間くらいおしっこを我慢させてしまいましたが、少し風が収まったのを見計らっておしっこだけ隣の草むらでさせました。
その後はおもちゃで遊んだり、膝に乗せてやったりしましたが、そんなのお互いにすぐ飽きますよね^^;
ということで小太郎はクレートに引きこもって、「ぐっ」などと得体の知れない寝言のような声を発しながら休んでおります。
みなさま方におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?。

さて、預託訓練卒業後の話に戻ります。
前回のエントリー以来、散歩の練習に明け暮れていました。
今現在も練習中ですが、小太郎が本当によく頑張ってくれています。
中村先生に電話やメールで相談すると、その都度ツボを押さえたアドバイスを下さるので大変助かっています。
これからも散歩は練習を続けます。

「訓練に出しても、家に帰って来たら元に戻ってしまった」
とか
「訓練に出しても訓練士の言うことしか聞かない」
などと、世間ではよく言われていますが、それはあながち間違いではないようです。
間違いではないと思いますが、それは家に帰って来てからの飼い主の問題だと思いました。

犬が家に戻って来てから、飼い主がなにも復習しなければ犬は訓練を忘れてしまいます。
私の散歩の件がそうです。
そして訓練士の言うことしか聞かなくなるのは、犬への指示の出し方(リードさばきや声の調子、態度その他)が飼い主と訓練士とでは異なるからだと思います。
素人とプロですから異なって当たり前ですが、そこを上手く素人の飼い主に教えるのが訓練士の仕事でもあります。
訓練士は犬と飼い主の両方に訓練を施さないといけないのですね。
ですから、預託訓練の良し悪しを決定するのは、結局飼い主の責任になると思うのです。
訓練士任せにしといちゃダメです。
というか、訓練士を探すのだって飼い主の責任でやるのですものね。

卒業から3週間経った小太郎は、どんどん好奇心旺盛になってきています。
訓練所では1日にトータル1時間くらいしか外に出る時間が無かったということなので、おもちゃで遊んだり、何時間も散歩したり、ドッグランに行ったり、電車やら車やら自転車やらの乗り物を見たり、おねいさんやおにいさん、じいちゃんばあちゃんお孫さんなんかに出くわしたり、猫に威嚇されたり・・・。
それはそれはたくさんの初体験をしている最中なのであります。
ですので、あっちキョロキョロこっちキョロキョロ、家でも外でも、なんだって経験しよう!、行ってみよう!精神全開です。
家ではクレートに引きこもる時間がどんどん減って、部屋でうろちょろしていることが多くなりました。
やっと様子見が終わったようです(^^ゞ

小太郎を預託訓練に出した感想を書きます。
卒業後まだ3週間しか経っていないので今後また事態が変わるかも知れませんが、今時点での率直な思いです。

預託訓練に出して良かったかどうかについては?。。。
良かったと思います。
私は自分で犬をここまで仕込む自信が全くありません。
そんなに威張れるほどお利口になって帰って来たわけではありませんが、普通に生活する分には全然問題ありません。
ハウスもするし、ダメというとなんでも止すし。
ただ、お利口具合はやっぱり洋犬と和犬でずいぶん違いがあるのかも知れませんね。
先日検診のために病院に連れて行ったのですが・・・。
普段は根気よくやらせればフセマテ出来るから病院でも大丈夫だと思っていたのですが、病院は犬も人間もたくさんいて刺激が多すぎたのか、私の足許でマテ出来ませんでした。
一旦フセたのですが動きまわってしまい、マテの指示をモロ無視です。
怖かったのかな?、ちょっと震えていました。
仕方がないので膝の上に乗せたら落ち着きました。
8kgにもなった柴いぬが飼い主の膝の上にどーーんと座って診察を待っている光景って(ーー;)。
しっかりしてくれ、小太郎よ。
これじゃ、ドッグカフェに行けないじゃないか!。

小太郎は家の中では甘えん坊になったように思えます。
トイレに入るとドアの前でクンクンいっていたり、膝の上でおもちゃを齧ったり、私たちが動くとちょろちょろ付いて回ったり、それは嬉しいおまけでした。

しかし訓練に出すのも良いことばかりでは無いような気がします。
まずトイレは外でしかしなくなりました。
また、訓練中は噛むおもちゃなどが無い(噛みグセで入所するのに、そんなもの要りませんよね)ので、最低限の歯磨きが出来ません。
小太郎の奥歯には歯石が付着しています。
それから、訓練所は外界との接触が少ないため、先ほども触れました電車やら高校生の集団やらそういった事象に対する免疫がありませんので、過剰反応してしまいます。
しかし以上の3点は、今後私たちが改善してやることである程度補えると思います。

預託訓練に直接関係のある事柄は、今回書いたことでほぼ全部となったと思います。
ですので、今後のエントリーは小太郎の日常を書くことにします。
・・・と言っても、犬を飼うってなぜにこんなに忙しいのですか?!。
特に用事が無くても、PCに向かう時間が全然ありません。
今日は午前中の暴風雨でやっとここに座れた、って感じだったのですから。
本当にあれこれ書きたいことがたーーくさんあるのに、どうしましょ。
みなさま、時間のやりくりがお上手ですね。私はどうも、どんくさくていけません。

では、唐突ですが写真をのっけます(^^ゞ

3月1日に山遊びに連れて行った時の写真です。
ベロがすんげいことになっています
033 S


3回目のドッグランにて。
この時はお友達と一緒に行きました。
023.jpg
スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

comment

Secret

コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。