FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキング ノーリードプーちゃん

2008.10.25.10:46

集落へ下りてくると片側1車線の道路に出ます。
そこを歩いていると、とあるお宅のお庭に1匹の白いプードル犬がいて、その子がこちらを見たので、バチッと目が合ってしまいました。
目が合うやいなや、プーちゃん(仮名)はこちらへダッシュしてきて、道路っぱたにいる私にワイワイ挨拶してくれました。

あの、ちょっと、それはいいんだけど、プーちゃん?、ちょっとちょっと。。。
そうなのです、プーちゃんはリードを付けられていないので、お家の前の道を嬉しそうにうろちょろし出し、お宅の門に足あげてチーしたり オス犬のマーキング

困っているとすぐにママさんが出ていらして
「すみませんっ、噛みませんから」
とおっしゃいながら、プーちゃんを追いかけ始めました。
するとプーちゃんは、
サッと目の前の道路を渡ってしまい(!!)
園芸農家の花畑に入ってしまいました。

そこですぐさまママさんに捕獲されたプーちゃんでしたが、私は生きた心地がしませんでした。
万が一プーちゃんが車にひかれてしまったら、私は自分を責めますよ!。
本当に肝を冷やしました。というか、後になって余計にあの時のことを思い出してそら怖ろしくなります。
実際にプーちゃんが横断中に車の往来がありましたが、運よくゆっくり運転ドライバーさんが通っただけで難を逃れました。

落ち着いて考えれば、私がすぐにプーちゃんをとっ捕まえれば良かった話ですが、よそ様の犬を捕まえるなんて、自分の犬さえ捕まえられないのに(爆)。
しかも捕まえようとしてダッシュされて、最悪の結果にならないとも限りません。

これをお読みになっている飼い主のみなさまにはこういった方はおられないと思いますが、ノーリードがどれだけ危険かをお知らせしたいと思って書きましたよ~。
プーちゃんママさんは呼び戻しもされていなかったので、普段から名前を呼んで来させることもなさらなかったのでしょう。
道路の反対側に渡った時に「あ、調子に乗って!」とおっしゃっていました。
私に対しては何度も「すみませんすみません」と言って下さいましたが、こちらこそすみませんな気持になってしまいました。

私が立ち去ったあと、抱きかかえられながらお庭に戻るプーちゃん。
「もうっ、ダメなんだからねっ」と叱られる声と、お尻(だと思います)をペチッと叩かれる音が聞こえました。

なにがダメなんだか、プーちゃんはもう忘れちゃっていると思います、ママさん。。。
スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

comment

Secret

コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。