FC2ブログ

病院に行ってきました

2008.09.26.10:33

22日は大雨の中、病院のハシゴをしてきました。

最初は動物病院へ。
来月の月初にフロントラインとフィラリア予防を訓練所でしてもらうために、薬をこちらの病院で調達して郵送しなければなりません。
もうそろそろ送らなくてはいけないので、かかりつけの動物病院まで行ってきました。
実はその病院に行くのは、私は大好きです(はは、コタロウには気の毒だけど)。
だって、いろーんなワンちゃんネコちゃんに会えるでしょ。とっても楽しい~白柴あじ

コタロウを連れて行くと、よその人たちがそりゃもう「可愛い可愛い♪」って寄ってきちゃって大変なんですよ~。
子犬なんて滅多に見かけないですものね。だから小さなコタロウは大人気でした。
「まあなんて大人しい」とか言われちゃって。テリトリー外では石像ですからね、ヤツは。
私は苦笑いするしかありませんでしたすずく

・・・それも懐かしい思い出ですな。
この日も前回のお薬の日も、コタロウ抜きです。人間だけ待合で座っているなんて、いつも私だけです。
でもコタロウが病気になるより全然いいんで、人目なんか気にしていません!。



お薬を無事もらったら、次は人間病院(笑)へ。
雨だから、じさまばさまは動きづらいので空いていると思って行ったのですが、早朝にも関わらず大混雑でありました。
やあ、田舎のじさまばさまはお元気であります、ある意味。

近頃老眼が進んだため、念のために検査を受けて来ました。
結果はごく人並みということで、ひと安心しました。
そして、右側の尻(!!)の、足を動かすと動く部分(分かりづらいですよね)の不具合も診てもらおうと思ったのですが、あいにく整形外科はとくかく大混雑(じさまばさまは、だいたいココ目当て)だそうで、午前中に間に合わないくらい待つのはイヤなので、この日は止しました。

尻の不具合はもう3年前くらいからで、崖から落ちた時に右尻を打ってしまって、今だに度々痛むんです。
ウォーキング中も痛い時があるし、痛くなくても歩くたびに右尻からゴキゴキ音がしたりするもんで、どうにかして治したいと思っています。
だけれど、こういった症状ってあんまり真剣に診てもらえないんですよ。
もっと重篤な患者さんがいるし、歩けるんだし、そんなに痛くないならいいじゃん♪的に見られちゃうのかな?。
歩いて治せるのならいいのですが、このまま歩くと余計に悪くなるんじゃ困るので、また早いうちに診てもらおうと思っています。

しかしこんな時、人間なら先生に直訴できるけれど、犬はそうはいきません。
一番身近にいる飼い主が日々犬を観察して、異常をいちはやく発見してあげないといけないのですね。


スポンサーサイト



theme : 柴犬
genre : ペット

comment

Secret

2008.09.26.08:49

もんもんさん、お尻が痛いって!?
足を動かすこきこきしたところなのですね。実は私も、少し前から左足の同じようなところが疲れたりするとしびれるみたいに痛いんです。寝転がって足を付け根から回すとこきっというんですよね~。丁度昨日も整形行こうかと考えていたところなんですよ!
40過ぎると、わけわからんところが痛んでくるものなのですね(tt)

ところで、シーバに出ている柴ちゃん達を見ていると、みんなかわいい愛玩ペットちゃんばかりですよね。振り返ってうちの犬を見ると、さみしくなる気持ちわかりますう~。違う世界の話みたいですよね(軽く涙)「寒がりでおこたつが大好き!」だとか、「うちの子ヘタレなんですう~」とか。ほんとにおんなじ犬種なんやろうか!?と思っちゃいますよ。
うちのぎんは外飼いで、散歩は特別な祝日くらい、あとは訓練と自転車運動が終わればさっさと外サークルに入れてしまいます。昼間もほとんど構いません。ちょいと構うと、こっちの甘えを読んできて、てきめん「さみしいよ~、だせよ~、あそべよ~」と泣き出すので。そうなったときはバリケンに入れて、しつけ直しします。
よその犬と道であっても自分が上になろうと行動する状況なので、飼い主さんと軽く挨拶、スルーに徹してます。お友達?ドッグラン?ぎんには全く無縁な世界です(静かに涙・・)
もっと構いたいという私の中にあるさみしさは、一日二回訓練と称したホールドスティール・タッチングで解消しています。ホールドしているので服従訓練なのですが、銀をお膝に乗せて体中をやさしくマッサージしながら「お空が秋らしくなったね~」などと話しかけるんです。犬が温かく、抱いているとあまりに心地いいので、(本当は犬の方が眠くなるそうなのですが)私の方がうっとりとしてしまうひと時です。

最初のころ、訓練士さんからこのような淡白な接し方を勧められた時、「犬はさみしくないの!?」と何度も何度も聞きました。だってシーバその他犬本に書いてあるやり方とは全く違うんだもの。ストレスや寂しさが募るんじゃないかとすごく心配しました。そのとき訓練士さんから言われたのは、「さみしくて、甘えたいは犬じゃなくてあなたですね」という厳しいお言葉。その時は訓練士さんに対し、心の中で小さな反感を持ちました。甘えて何が悪いんだろう?って。
(深~く涙)
言われたことが私の気持に落ちるまでに、四か月ほどかかりましたわん・・。




2008.09.26.08:50

もんもんって、いったいだれやねん。
もりもりさん、うふっ。

ぎんたろうさん、おはようございます!

2008.09.27.10:22

あれま、私と同じような尻痛(?)ですか?。これは奇遇ですね。

>40過ぎると、わけわからんところが痛んでくるものなのですね(tt)

激しく同意!です^^;
もう決して無理は出来ませんよ~。

ぎんたろうさんもシーバ読んでいて、そう思われましたか。同志がいてくれてうれしいです。
あのフレンドリー柴たちは、柴全体の何パーセントくらいにあたるのでしょうね?。
いつかシーバに問題提起(大げさ)してみようと思ってますよ^m^。

>散歩は特別な祝日くらい、あとは訓練と自転車運動が終わればさっさと外サークルに入れてしまいます

なななんとっ!。特別な祝日って???、建国記念日とかそういうのですか?。
でもでも自転車の引き運動はやれるんですね。暴走しないの?、ぎんたろうさんが引きずられない?、危ない思いをしたことはないの?。
もし大丈夫だとすると、ぎんちゃんはとってもいい子ちゃんだと思うのですが?。
疑問だらけです~(?_?)。

>昼間もほとんど構いません

ガーーーン!(非常にショックを受けています)。
良~く分かります、訓練士さんの意図は。しかし、それって「犬を飼って楽しく過ごしたい」という気持ちを否定するというかなんというか・・・。
ぎんたろうさんがお気の毒過ぎる。
まるでぎんちゃんのお世話としつけをするために飼っているような毎日でしょうか?。
なんとも辛いですね。

そのホールドスティル&タッチングの所要時間は1回に付き何分くらいでしょうか?。
その時だけが安らぎの時間ですよね。
私もコタロウとそうした生活をしていたので、お気持ちが痛いほど分かります。
犬を撫でたくて飼ったのに、撫でるのも見るのも声掛けるのもイケナイ、と言われた日にゃあ、「なんで私だけこんな目に?」って思います。
「甘えてなにが悪い?!」と声を大にして言いたいです。
甘えたくて(癒されたくて)飼ったのだし、よその飼い主さんだって同じなはずです。

でもでも、今のぎんちゃんやコタロウには、そういった感情は無用なんでしょう、きっと。
今はこちらが我慢に我慢を重ねて、犬に主従関係と言いますか、人間との距離間を掴んでもらう訓練中なのですからね。

うちは犬が家に居ないから、その方が気分的に楽なのかも知れません。
そんな風に考えたことなかったですけれど、ぎんたろうさんのお話を伺ってそう思えるようになりました。
ぎんたろうさんは、とても強い飼い主さんです!。
きっともうすぐその努力は実るでことしょう(^^)。
ちなみに4か月訓練されて、どんなところに変化がありましたでしょうか?。

>もんもんって、いったいだれやねん。

あははは、最初なんのこっちゃ分からなかった~。
なんだか、お猿好きな方のHNみたいじゃないですか~^m^(でも、悪くないな)。







コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード