FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代々木公園で大失敗 (⊃Д`o)ノ|壁|ゴメン反省…

2009.06.05.14:38

日曜日は実家に用があったので、実家に行く前に代々木公園に行って遊んで来ました。
見ごろのバラ園や涼しげな噴水なども設置され、子供のころに通ったのとずいぶん変わっていました。

image001 n



小太郎とバラ。
あんまり似合わないかな~。

image001.jpg




この日の代々木公園ランは雨上がり(途中でザっと降ったり)で、水溜りが出来てちょっとコンディションが悪かったです。
でもわんこには無関係。
みんなそれぞれにはしゃいでおりました。
小太郎も最初はとっても嬉しそうでしたが、すぐにブラブラモードに^^;。いつものことです。


ただただ眺めるだけの犬。
image001 z



それでなにを大失敗したのかといいますと・・・。
ラン内で愛犬におやつをあげている方がいらして、それを小太郎がいやしくも嗅ぎつけてしまい、その方のそばにくっ付いて離れなくなってしまったのです。
私はお恥ずかしいやらその方に申し訳ないやら。
その方はついには小太郎をスワレさせて、おやつを下さいました。
待ってました!、とばかりに即スワレする小太郎に、私とその方は互いに苦笑い^^;。

しかたがないので、私も餌をくれて小太郎をこっちに来させようとしたのですが、餌のビンのふたを開けた途端、今度は別のわんこに嗅ぎつけられてしまいました。
肝心の小太郎は気付かないのに、よそのジャックとワイヤーフォックスに飛びかかられてしまい、ジーンズが泥でビタビタになってしまいました~。
あ、いや、そんなことはどうでもいいのです。
汚れても良い服装で出かけるのが当たり前ですから。

そんなことより、私の餌のビンに2頭のわんこが釘付けになってしまったのをどうしたものか、と困っておりましたところ、ワイヤーフォックスの飼い主さんがご愛犬を引き離しに来られました。
そして私に向って一言。



「ここはおやつ禁止です」


あいたたたた、そうでした、そうでした。これは大失敗!!。
そんなこと百も承知だったのに、私はなんてバカなことをしてしまったのでしょう。
小太郎をこちらに来させようとして餌のビンを取り出したのだけれど、そもそもは・・・。
あ、最初におやつを下さった方がいたんだった!。
それを私はご注意申し上げなければいけなかったのに、どうもすいません(^^ゞ的な態度でした。
この辺りから大失敗です。深く反省しました
ラン内でおやつをあげるとこういうことになるから、禁止されているところが多いのですね。
ご迷惑をお掛けした方には申し訳なく思っておりますが、大変勉強になりました。



さてさて、小太郎にはランで走って遊び疲れてもらったところで、今度は私のお楽しみのドッグレストランへ♪。
公園の前にあるお店に行きました。
ここです。←クリックすると詳細をご覧になれます。

とてーもとってもいい感じのお店で、今まで行った犬連れレストランの中では一番素敵だったかもです(*^^)v。
しかし素敵すぎて写真撮影もままならず、変なのばっかり。しかも慣れないケータイの。。。



これがお店の前。

image001k



店内。
座席の間隔が狭くて、カメラなんか出して撮影するような無遠慮が許されない空気でしたので、周りのお客さんがお帰りになるのを見計らって撮りました。

image001 x

ってこんなじゃ分からないですよね^^;。

image001 b



犬連れは私だけでしたが小太郎がお利口さんにしていたので、違和感なく食事が楽しめました。
お隣の席のカップルさんにも、向い側の小さなお子さんのたくさんいるファミリーにも、犬の存在感はなかったと思います。

image001 m

こうやって待つのにとても慣れたようです。
ついさっき、駐車場で昼ごはんを食べさせたばかりですから、眠いのかもしれません。
レストランに連れて行く時は、直前に必ずほんの一つまみの餌をやるようにしています。



そしてすぐ隣には別の犬連れレストランがありました。
こちらはちょっと気取った感じで、お客さんは少なめでした。

image001h

こちらのレストランには、入口に非常に悲しい注意書きが掲示されていました。
「他に迷惑となる習慣を持つ犬入店お断り」というような趣旨の文言が書かれており、かなりひどい例を列挙してありました。
「こんなことをレストランでさせる飼い主がいるのか?!」とビックリさせられるような内容でしたので、お店の方は相当ご苦労されているのではないかと思いました。

犬連れOK=犬になんでもさせてOK、ではないということが分からない方がいらっしゃるようです。
しつけをしないとランにもレストランにも入れません。
今回ランでミスしたことを教訓に、レストランでも気を付けるよう思いを新たにした次第です!。
スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

comment

Secret

No title

2009.06.06.00:38

小太郎くん、バラと一緒も可愛くて好いと思います♪

禁止のところでなくても、ランでのエサの扱いはなんだか難しそうですね~。
柴犬は警戒心が強いから、怪しいとか認識した相手からはもらわないと思いますが、犬好きの優しい人にはねだっちゃうかもしれません^^

おやつポッケなどにこっそり忍ばせておいて、やる時にも見えないように手早く、他の気を引かないように注意した方がいいかもしれません。においも強くない物がいいかなと。
鼻のいい犬さんたちですが、瞬時なら「あれ?」で済むかもしれません。
他の犬さんに気が付かれちゃったら、最初の人のように条件をつけてからひとつあげれば気が済むかもしれません。
けれど、あげるのにも飼い主さんの承諾はとった方が良いように思います。
アレルギーの子もいるかもしれないし、ダイエット中の子もいるかもしれないし、おやつにこだわりのある飼い主さんもいらっしゃると思うので。

なんて、ついいろいろ考えてしまいました^^;

コタねえさん、おはようございます!

2009.06.06.10:39

ランでのおやつは禁止のところがほとんどですね。
そうでなくてもあげないに越したことはありません。
おやつをなにかのご褒美としてあげる飼い主さんもいらっしゃると思いますが、禁止のところではこれもダメですし、規則が無くても相当の注意が必要だと再認識しました。
コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。