FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預託訓練のすすめ

2009.04.13.15:23

小太郎はおかげさまで引っ張らないで散歩できるようになりました。
夫がビデオを撮るのを嫌がったため、エントリーが遅くなってしまいました^^;。

こんなにお利口さんです(*^^)v。




ビデオ撮影している夫がいたり、何度も玄関先をうろうろしていつもと勝手が違うので、ぎこちないですけれど。。。
って、私も意識してしまって歩き方がぎくしゃくしていますね^^;。

先月1か月間、自分でガンバってみましたが、元に戻ってしまった(?)引っ張りグセはやっぱり治せませんでした。
中村先生はいつでもこちらに来て見て下さるとおっしゃっていたのですが、私は小太郎を連れて行って見ていただきたい思ったので、先月末栃木に行ったのです。

そして連れて行った結果はビデオでご覧いただいた通りです。
中村先生はリードを持ってわずか30秒で、小太郎を改心(笑)させてしまわれました!。
先生にリードを引かれた瞬間、小太郎はキャイィーーンと鳴いてパニックに。
その直後、腰が抜けたように先生の足許に座りました。
正確にはへたり込んだ。。。という感じでかな^^;。

私が1か月やってもダメだったのを先生は本当に一瞬でキメてしまわれたのです。
すごいとしか言いようがありません。中村先生は偉大です。
もちろん訓練のテクニックが素晴らしいのですが卒業後の面倒見の良さは他の方では真似できないと思います。(入所前もそれは言えますが)
こちらをご覧になって下さいませ。先生の手記です。→こちら

私は中村先生に預けて本当に良かったと思いました。
しかしそう思えるのも、こうやって小太郎と一緒に生活し出してからなのですよね。
預けている間はやっぱり心配で、疑心暗鬼、半信半疑な気持でいっぱいでした。
訓練の具合は手応えのある月と無い月があって、面会の度に小太郎の一挙手一投足に一喜一憂しておりました。
ちょっとなにか上手く行かない(ような気がすると)、帰りの車中から次の面会日まで、めちゃくちゃ精神不安定になってねぇ(-_-)。

しかし問題なのは入所中ではなく、卒業後なのです。
帰宅してからの小太郎についての心配ごとに、中村先生はとても親切にアドバイスを下さり、散歩に関してもこうやってみごとに解決して下さいました。
小太郎の帰宅後、私はちとナメられていたようで、叱り方もしっかり教わりました(面会で叱る場面が無く、叱り方を知らなかった)。
本当にありがたいと思っています。

中村先生は、どのわんこも2か月程度は預託訓練をした方がいいとおっしゃっていました。
もちろんご自身で訓練が出来る方は、ご自身でなさるのが一番いいのですが。

昨日のことです。
ドッグランで大変素晴らしい大型犬に会いました。ボルゾイです。
気性がとても穏やかで、品がありました。
飼い主さんにお伺いしたところ、生後2か月から9か月間預託訓練に出されたそうです。
大型犬は訓練に出さないと飼いきれないそうですよ・・・とその60歳代とおぼしき飼い主さんはおっしゃっていました。

私は常日頃、小太郎を散歩させていて思います。
引っ張るのが柴犬程度だったからなんとかなりましたが、これがもし大型犬だったとしたら・・・。
そう思うとゾッとします。

ワンワン吠える小型犬を散歩させていらっしゃる初老の男性が、引っ張られて下り坂で転びそうになっているのを見たことがあります。
その小型犬は小太郎に向ってリードを引っ張り、わんわん吠えてくるので小太郎も誘惑に駆られてクンクン鳴いてしまいます。
ロングリードを思いきり伸ばして、小太郎に接触させんばかりに散歩させている方もいますが、こちらはとっても困ります。

どんなふうに散歩させるのも飼い主の考え方ひとつですので自由です。
臭い嗅ぎを制限して飼い主のペースで歩かせるのも、臭い嗅ぎは自由ですがゼーゼー首が締まって苦しい思いをさせるのも、どちらも犬に負担をかけるには変わりがないと私は思うのです。
首が締まらないようハーネスを付ける方もいますが、余計に引っ張るようになるそうです。
犬ぞりみたいな感じでしょうか?。

どのみち犬に負担をかけるのであれば、私は前者を選ぼうと思ったのです。
だから、散歩だけはがんばってほしいのです。

小太郎は訓練に出したおかげで、どの犬とも楽しく遊べます。訓練所は犬だらけですから、いろいろ学んだのでしょうね。
訓練士さんからは、小太郎も噛まれたと聞いていますが、それも経験です。
また、小太郎は飼い主さんにもすこぶる評判が良いです。訓練所にはいろんな人がやって来ますから。
特別人懐こいわけではないのですが、飼い主さんのそばへ寄っちゃあ撫でてもらって、可愛い可愛い♪言われて、あちこち渡り歩いています(^^ゞ。
しっぽひとつ振れませんが、飛び付いてベロベロするような陽気な人懐こさに慣れていない日本人には受けが良いようです(^^)。
今日初めて行った病院でもがんばって足許でマテました。帰って来てすぐに行った時とえらい違いでした。

そして、そんな小太郎を見て回りのみなさんが「いい子ね~」と言って下さるのが、私にとっての最大の喜びであります。
「なにもそんなに命令ばっかりすることないじゃないか」「(命令ばかり)うるさいからイライラする」と母にも夫にも言われますが、私は構いません。
普段からいつも命令をかけて聞かせておかなければ、イザという時に聞くハズがないのです。
小太郎は訓練所に預けたおかげでいい子になったのです。
それを維持していくのは私の勤めです。
回りの方々に「いい子ね」と言われれば私も小太郎も気持ちがいいですし、なによりその場が気持ちよくなると思うのです。

しつけに困っている人は後ろめたいなどと思わないで、預託訓練に出してあげて下さい。
「可愛いさかりだから」とか「離れられない」とか、そんなのなしです。
対処が早ければ早いほど、問題解決は早く済みます。
中村先生のところに預ければ間違いはないですが、それ以外でも探せば良い訓練所はたくさんあると思います。
万が一、預けている途中で「おかしいな」と思ったら退所するくらいの意気込みで預けてあげて下さい。
訓練所は問題行動の矯正だけにとどまらず、飼い主が思ってもいない愛犬の良さを引き出し伸ばしてくれるところだと思います。

これから反抗期だのなんだの、また困ったことが起こるかも知れませんが、中村先生と2人三脚で乗り越えて行きたいと思います。


おいら、こんなに小さな子とだって上手に遊べるよ♪。

006s.jpg
スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

comment

Secret

No title

2009.04.15.00:31

はじめましてこんにちは。
たまに覗かせていただいていたのですが、初めて書き込みます。
小太郎くん、お利口さんになられて良かったですね♪
とても励まされます♪

犬に教えるって、やっぱりやり方というかコツというか、あるのでしょうね。いろいろ本をあさってみたり、ネットで調べてみたりしながら試行錯誤しましたが、うちもうまくできませんでした。私みたいな初心者だと個体差というか、うちのコのケースに対応できませんでした。
うちのコは今、訓練所にいます。
予定では今月下旬に帰宅することになっています。
帰ってくる前に関わり方を教えていただけるそうなのですが、帰った後に改善された状態を維持する事が大事ですよね。
もちろん早く帰ってきて欲しい気持ちもあるけれど、帰ってきたら自分との戦いでもあるな~と、不安に思っていたりもします。
コタとのことについて色々と自信をなくしてしまった感は否めません。
会いたい気持ちと不安とが交互に押し寄せるようで、コタよりも私の方が不安定かもしれませんね^^;


訓練も頑張りつつ、小太郎くんと楽しくすごしてください♪

コタねえさん、こんにちわ!

2009.04.15.16:05

コメントを下さってありがとうございます(^^)。
コタ君が訓練に出されたこと、ブログで読ませてもらって知っていましたよ。
今はとっても寂しいですよね~。
でも帰って来たら、イヤってほど(笑)遊べますから、どうぞお楽しみに^m^。

おっしゃる通り、帰宅後はまさに「自分との戦い」です。
訓練したことを維持するのはハッキリ申しまして、「正直、超面倒臭い」です(爆)。
ケージから出す前はスワレマテヨシの合図で出し、玄関はスワレフセマテ、目が合ってからヨシ。その他にもフセマテの練習やリーダーウォークなど、犬よりこちらがやんなります^^;。
ほとんどの飼い主さんは預託訓練卒業後、なあなあにしてしまって訓練をしないそうです。
本来の問題行動が矯正されると他はどうでもいいと思う方が多いようですね。

私はケチなので(笑)、覚えてきたことは忘れないでいてほしいのですよね~。
なので、今だに命令ばっかりしてます。
でもそれは結果的に小太郎のためになると信じていますので、誰がなんと言おうと構わないんです(^^ゞ。

コタねえさんも帰宅後の事が心配かも知れませんが、訓練士さんになんでも相談して、早くコタ君との生活を楽しめるようになって下さいませ。
とにかく最初が特に重要です。
「まあいっか」だけは止して、メリハリをつけて接すると良いと思います。

な~んてエラそう言いました(^^ゞ。
私もまだまだ初心者です。一緒にがんばりましょーー!!。

No title

2009.04.16.00:49

ケチではないと思いますよ。きっと根気の要ることです。
時間が無いからとか、自分がしんどいからとか、面倒くさいからとか、犬が可哀相に思えるからとか、そんな理由で、数ヶ月頑張って訓練してきた事を無駄にしてしまう事の方が可哀相な気がします。

家族はともかく、他人から見ればお利口さんな方が可愛いにきまっています(牙を持つ生き物ですから、粗暴だったりやんちゃだったりするのは、正直怖いだろうと思います)。
犬に不慣れであったり苦手な人も当然いらっしゃるので、たとえ小さな犬種であっても犬の気の向くままに近づけたり飛びつかせたりするのはさせてはいけない事ですし(逆に、飼い主に無断でいきなり犬に触るのもやってはいけないことだと思いますが)。

ケージや玄関から出るときのフセマテは大事だと思います。
普段から出るときには先ず待つ、という事を習慣付けておくのは、多分、安全面とかにつながってくるのではないでしょうか。車から降りさせるときにも必要だと思います。
昔、犬が車から飛び出して後続車にはねられるのを目撃してしまった事があります。
アイコンタクトは意思の疎通に必要だそうですし、イザという時に言う事を聞かせる為には、やっぱり必要ですよね。
リーダーウォークにしても、犬の安全を考えるとできたほうがいいと思います。犬が人の左という事は飼い主が車道側で、理に適ってると思います。人の前に出ないのも。十字路なんかで犬が先に出て折悪しく自転車などと行き当たった場合にどうなるか、とか。

私はちょっと神経質なのかもしれませんが><;


ぶっちゃけ訓練は上手にできるなら、犬が可哀相ということはないだろうと思うのです。
飼い主さんに構ってもらえて、褒めてもらえるなら、遊んでもらうのと同じように楽しいのではないでしょうか?
でも、難しく考えたり義務みたいに頑張るのでなく、遊びみたいに一緒に楽しみながらできると良いですよね♪


>とにかく最初が特に重要です。

肝に銘じます! 私はナメられちゃっているので、接し方からちゃんと教わってこないと><。
メリハリも気をつけます^^
うちのコは、どんな風になって帰ってくるんだろうか・・・
というより、予定通りに帰ってこられるんだろうか^^;

コタねえさん、こんにちわ!

2009.04.18.17:42

お返事が大変遅くなってしまって申し訳ありません<m(__)m>。

おっしゃる通り、よその方から見てお利口さんとか可愛いとか思っていただくのは、とても大切だと思います。
家族はどんなに暴れん坊なワンコだって可愛いですけれど、他人はそうは思ってくれませんものね。
犬は嬉しがって飛び付くのですが、それが怖いと思われてしまう方もいらっしゃるし、それが原因で犬嫌いになってなってほしくないですよね。
私たちはまだいきなり触って来る方に会ったことはありません。
柴犬というだけで、おっかなそうに見えてしまうのかな^^;。

玄関やケージや車から飛びださせないというのも、アイコンタクトも、リーダーウォークも、その他飼い主さんが決めた決まりごとは、頑張って覚えてもらわないとお互いにいつまでもストレスがかかります。
ですので、犬に究極的に分かり易く指示出して、なるべく早く「習慣化」してもらいたいのです。
「習慣化」すれば、とっさの時にそれが生きて来ると思うのです。
ですのでワンコだけでなく、人間側も頑張らないといけないと思っています。

コタねえさんは私から拝見すれば、ちっとも神経質ではないですよ(^^)。
それだけコタ君のことを深く考えていらっしゃるのだと思います。

訓練を楽しんで出来るようになるには、私なんかまだまだですね~(^^ゞ。
調子に乗ったり落ち込んだり。これじゃ小太郎に笑われちゃいますね。

> メリハリも気をつけます^^

あは、すみません。私の書き方がエラそうでしたよね。
お気を使わせてしまいました。
私もお勉強中ですので、疑問がございましたらおっしゃって下さいませね。

コタ君はごく標準的な預かり犬ということでしたので、仕上がりもいいのではないかと思います。
予定通りに帰って来ないワンコというのは、まずないと思います。
訓練士さんはだいたいのめどが立ってから、卒業の期日を口にされますから。
ただ、卒業間近に反抗期などの特異な変化が見られた時は、訓練士さんも考えると思いますが。

コタ君が予定通り早く帰って来られることをお祈りしております。
よその訓練所から帰って来たワンコがどんなにお利口さんになっているのか興味津々ですので、ブログで経過報告していただけると嬉しいです(●^o^●)。
よろしくお願いします!。
コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。