スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩こう歩こう♪

2009.02.22.08:58

小太郎がいると朝は忙しいですね^^;
でもそれがうれしかったりする私。犬を飼っている気分を存分に味わって満足感に浸っております。
おかしいですかね(^^ゞ

今日は夫がお休みですので、彼が楽しみにしていた小太郎との山歩きドライブにこれから行って参ります。
デッカイ魔法瓶(久し振りに聞く言葉でしょw)にお湯を入れて背負って行くんです。
それでもって、山でカップラーメンやらインスタントですがコーヒーなんかを作るんですよ。
これが最高に美味しいんです。一度やったら止められません(^^♪。
これはオートバイ乗りだった頃からの習慣です(夫は今でも乗っていますが)。
これからは小太郎と一緒なので自力(?)で山を登らないといけないので、かえってハードな山遊びになりますね^^;

夫が朝からガレージに寝っ転がって車のオイル交換をやっているのですが、間もなく終わりそうです。
それではそろそろ行って参ります(^o^)丿。
スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

お帰り、小太郎

2009.02.21.17:07

おかげさまで昨日、小太郎が予定通り、無事に我が家に帰って参りました。
今のところ、大変大人しく遠慮がちに良い子で過ごしております。


この日をどれだけ待ち焦がれていたことでしょう。感無量というのはこういうことだと思います。
小太郎にすまなかったという思いと、会いたくてしかたがなかった気持ちなどがない交ぜになって押し寄せて来ました。
こんなに切なかった半年間は今までありませんでした。

そして昨日から一日経った今は、散歩などを終え、やっとブログの更新を行う余裕ができたところです。
ちなみに小太郎の名前がカタカナから漢字に変わっていますが、夫が「大人になって帰ってきたから、今日から小太郎でいく」と申しまして(^^ゞ。
しかたがないから、お付き合いお願いいたします(笑)。

さて、卒業の様子をご報告します。
お天気にやきもきさせられましたが、先生がお見えになる頃にちょうど日が差してまいりまして、本当にありがたかったです。
ご存知ない方もいらっしゃるかも知れません。
北栃木の訓練所は、卒業日には先生自ら犬を自宅まで届けて下さり、自宅訓練を施してから晴れて卒業となるのです。

先生の車のクレートから出てきた小太郎は、私を認識してまた大喜びしていました。
これでとりあえずひと安心。
そして先生から、「5分くらいお散歩して来て下さい」との指示があり、さっそくご近所を一周しました。
小太郎はちょっと興奮気味でしたが、まあまあ上手に歩けました。
先生の視界から外れたところで、小太郎を抱きしめて泣きました。
でもぐずぐずしている時間はないので、すぐに気を取り直し、鼻水拭いて先生の待つ家の前に戻りました。
散歩は問題が無かったことを告げると、次は家の中に入り、室内での注意事項や訓練の仕方などを細かく指導していただきました。
練習したのは、いつものスワレフセマテなどですが、ハウスの出入りの仕方も教えていただきました。
また、餌を途中でマテをかけて取り上げ、すぐに戻してヨシで食べさせるとか、そう言ったこともしなくてはいけないそうです。

笑っちゃうのはその餌のことなのですが、小太郎は餌にあまり興味がないようで、生後11か月だというのに朝食抜きなのだそうです。
なので、1日1食!。
そして、私は手作りごはんを実践しようと手ぐすねを引いていたのですが、小太郎は折角の私の手料理をあっさりと拒否(号泣)。
ダメダメなヒルズのカリポリを、100グラムほど食べてもうごちそうさましていました。
戻ったばかりで環境が変わったから、緊張していて食欲がよけいに無かったのかも知れません。

室内での説明や訓練の後また外に出て、今度は先生と一緒にお散歩訓練をしました。
そしてまた室内に戻り清算などを済ませて、先生から「今日で卒業ですね」と申し渡されました。
先生は柴いぬの扱いづらさをイヤというほど経験していらっしゃるので、「どの柴犬も小太郎のように大人しい子だったら、こんなに楽なことはないのにな~」とおっしゃっていました。
また「もりもりさんが小太郎を飼うのが犬飼い2度目か3度目の経験なら、楽に飼えたと思います。ただ最初の拒絶に関しては放っておいたら大変なことになっていたのは間違いありません」とも。
これが小太郎に関する先生からの総評でしょう。

先生が2時間ほど指導して下さってお帰りになった後ですが、小太郎はクレートに自主的に入ったまま出てきません。
先生がいらっしゃる間もそうでした。
なにせ我が家での生活が2か月間、訓練所での生活が6か月間、ということで、小太郎にとってはここが自分のかつていた家だという認識がないようです。
以前ケージを置いていた場所とは、今回まるで違う場所にしてしまったのも関係があると思います。
PCを置いている場所のすぐ近くにクレートを置いたケージがありますが、小太郎はじーーーっとクレートの窓から外の様子を伺っていて、ケージの扉を開けても出てこない時があります。
まるで買ってきたばかりの頃のようです。
6か月間慣れ親しんだ環境からまた違う環境に移されて、かなり戸惑っているのが分かります。
だからと言って、犬に気を使うことなどない、と先生はおっしゃっていました。
ですので家の中ではあまり構わないようにして、どんどん外には連れ出しています。
多くの人間に接触させていろんな経験をさせて下さい、というのが先生のご意見でした。

ということで、今朝は車にクレートをセットしてひとり(プラス犬)でホームセンターに行き、小太郎をカートに乗っけてブラブラ買い物を楽しみました。
そして家に帰って来て一休みしてから、徒歩30分のところにあるドッグランに行き、会員になってその場でドッグランデビューをしてきました。
詳しくはまた後ほど書きたいと思いますが、どちらの体験も初めてのことでこちらがドキドキしましたが、小太郎はおかげさまで大変いい子にしておりました。

小太郎が昨日我が家に帰って来て今なにを思うのかは、まだ新米飼い主の私には正直全然わかりません。
ただ、飼い主の私は最高に幸せです。
こんなに楽しくってほんとにいいの?、と思ってしまうくらい楽しいです。
これからは今の私と同じくらい、小太郎にも幸せになってほしいと切に願っております。
そのためだったら何でも叶えてやりたいと思います。
甘やかすことが小太郎の幸せだとは決して思っていませんから、訓練は今後もしっかり続けて、訓練以外ではリラックスして過ごさせるよう努力したいです。
皆様方にはこれまで以上にいろいろとご指導いただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

中村先生をはじめ、訓練所の先生方には大変お世話になりました。
改めてお礼を申し上げます。

まだバタバタしておりまして、写真などの余裕がございません。
これから随時書いて参りますので、今日はこの辺で(^^)。



theme : 柴犬
genre : ペット

コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。