スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父(おとう)と犬

2008.09.30.10:32

我が家では夫の父(私からは義父)を「おとう」と呼んでいます。
公の場でそう呼ぶのはよろしくないのは承知していますが、このブログではご勘弁のほどお願いいたします。
だっておとうって人は見るからにおとうという感じの人なので。くま
おとうはお腹が出っ張ったちょっと太ったおじさんで、いつも力仕事をしているので地下足袋とニッカといういでたちです。左官屋です。
髪もひげも白髪で、髪型はくりくりの5分刈り。
仕事ではものすごくおっかなくて喧嘩っ早い、でも仕事以外では飲んだくれで優しいです。
孫をすごく可愛がっていて私にも優しいですが、方言が強くて私には何を言っているのか分からない時がよくあります笑顔
だいたい分かっていただけますよね、棟梁!って感じのひとです。おとう。

そのおとうですが、犬が昔っから大好きはーとという一面があります。
夫の話だと、おとうの若い時(20代の頃)はシェパードやらドーベルマンやらを警察犬訓練所から買ってきて、自分で育てていたそうです。
夫や兄弟たちはその頃まだ幼かったので、檻に入っているそれらの大型犬たちを「怖いな~」と思って見ていたそうです。
夫の妹がまだヨチヨチ歩きの時に、その大型犬が妹の首根っこ(服の襟あたりだと思います)を咥えて運んで行った
ことがあったと、最近聞きましたびっくり ビックリ !ウソーショック

なんだろ?、餌だと思った?。いや、赤ちゃんだと思ったのでしょうか?。
さすがにおとうは慌てていた、と言っていました。当たり前です!。
でも妹は泣いていなかったそうなので、痛くなかったのだと思います。

こんな犬飼育の大先輩が身近にいるのに、なぜコタロウのことは相談できないのでしょうか?。
それにはいろいろと訳があるのです。その件についてはおいおいと・・・。
(次回へ続きます)
スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウ?の動画

2008.09.29.12:29

こんなことなら、もっとたくさんコタロウの写真やら動画を撮っておくべきだったな~。
と思う今日この頃です。
撮りたいと思ってはいたのですが、なにせジッとしていないし、カメラを怖がって逃げて回るしで、ロクな記録がありません。

で、やっと撮れたのがこんなので。とほほ 無言、汗

コタロウの動画というより、私のだらしない格好と高飛車な物言いがものすごくイヤです。
自覚がまるでありませんが、私ってこんなに感じ悪いんですねBAD
すみませんorz


theme : 柴犬
genre : ペット

柴犬 ももこちゃん

2008.09.28.08:10

昨日は浮気について思いっきり言い訳をしておいたので、今日はお話が書きやすい~~絵文字名を入力してください

柴犬のももこちゃんは架空のペットです。・・・というか、今はもうよその家のペットであって、名前はももこちゃんなんかじゃぁありません。
私が勝手に付けた名前です汗

10日位前の金曜日、普段のお買い物に出かけた時に、ももこちゃんに出会いました。
出会った場所はホームセンター内のペットショップです絵文字名を入力してください
そのホームセンターはあまり利用していなかったのですが、コタロウを飼ってからはシーツやらなんやらを買いにちょくちょく行くようになったのです。
そしてコタロウが居なくなった今は、買い物もしないくせに、哀れにもショーケースに並べられてしまったワンニャンをこっそり覗き見るために、しばしば訪れています。
罪悪感を感じながらも、覗き見が止められません。ごめんね、ペットちゃんたち・・・。

ももこちゃんも、その哀れにもショーケースに並べられてしまったわんこでした。
赤の柴犬の仔犬というだけで私の目はももこちゃんに釘付けになってしまいました。
だって、とても可愛かったのです。まだヨチヨチ、生後50日ほどだとプライスカードに書いてありました。
そして、ももこちゃんの前足がまた可愛くってね。先っちょの方が両方とも白いんです絵文字名を入力してください

私がショーケースに顔をくっ付けると、私の顔をつぶらな真っ黒い瞳で見つめ返してきました。
それがもうどうしようもなく可愛くって可愛くって。
ももこちゃんはコタロウにはない、また別の可愛さがありました。
目の上の、人間でいうと眉頭の辺りに、黒い点がありました。
しかしもしかすると、前足の白いのと、眉頭の黒点は、大人になったら無くなっちゃうのでしょうか?。

しばらくすると、ももこちゃんはショーケースのガラスに背を向けて眠りに落ちました。
その姿を見ているうちに、私はまた泣いてしまいましたバカ
涙がガンガン出てきてしまって、ハンカチもなくって、スーパーの中でダラダラに泣いているおかしなおばはんになってしまいました。
あとちょっとで、警備員さんに呼ばれるところだったです、きっと。

「ももこちゃん可哀そうになぁ」「コタロウ、おまえさんはどうだい?。ショーケースに入れられなくてよかったな。でも今は幸せかい?」「そうじゃないよな、可哀そうにな」「ごめんなコタロウよ」・・・という思いがグルグルと頭の中を廻って、涙が止まらなくなってしまったのです。
泣いたって仕方がないのに、本当にばかやろうです。

その話を夫にしたら、次の次の日の日曜日に夫がももこちゃんを見てみたいというので、またそのショップを訪れました。
そうしたら、ももこちゃんはいましたがショーケースには「新しい家族が決まりました」のカードが貼ってありました。
ああ、良かった。ホッとしました。
「ももこちゃん、幸せになるんだよ。おばちゃんは応援してっからな」って思ったら、また泣けてきた どあほ

だけれどちょっと待って下さい。
ももこちゃんを買った人は、どこへ行っちゃったのでしょう?。
どうしてこれから家族になる可愛い子犬をショーケースに残して、どっか行っちゃったのでしょうか?。
いけないとは知りつつも覗き見が止められない私が言うのはお門違いも甚だしいのは承知ですが、飼い主さんはなぜすぐにお店から子犬を連れ出さないのか不思議に思いました。

でも今頃は新しいお家で可愛がられていることと思います。
ももこちゃん、なんていう名前になったのかな~?なんて、少し気になります。
ショップは隣の市にありますが、うちの町内の人が飼い主さんの可能性だって大いにあります。
もしかしたら、動物病院やお散歩でバッタリ出会ったりして。
その時はコタロウと仲良くしてあげてほしいな。ヨロシクね、ももこちゃん。

theme : 柴犬
genre : ペット

浮気

2008.09.27.11:28

先日TVで「どこまでが浮気か?」というアンケートを一般の方にしていました。
年齢が上の方は「キスしたら浮気」というのが1位だったように記憶していますが、中には「好きって思っただけでも絶対ダメ」という方もかなりいらっしゃいました。
そして年齢が下の人たちは「遊びに行ったら浮気」と思う方が多かったです。
みなさまはどうお考えでしょーか?。
な~んて、そんなこたぁ私ら枯れた夫婦にとっちゃ関係もないことなので、どうでもいいのですけれど(笑)。

ええーーっと。
コタロウを預けて間もなく、さみしさがどんどん募ってしまい、何もすることもなく、またする気にもなれず毎日を無駄に過ごしていました。
だんだんとおかしくなってきそうな精神状態に陥り、これはマズイなぁ、と自分でも思っていました。
そんな気持の時に、ふと思い付いたことがありました。

それは犬以外のペットを飼ったらどうだろう?という考えでした。

犬以外の生き物に今の私を癒してもらおう!、と思ったのです。
一番最初に思い浮かんだ動物はうさぎでした。その次はモルモットで、次はハムスター。。。
その手のサイトをあれこれ覗いてみたりしました。可愛いな~、っと心から思いました。

しかし、もちろんそれらのペットをその時に飼うことはありませんでした。当たり前です。
一時のさみしさを紛らわすために他のペットを飼うなんて、言語道断!です。
飼われた方だってえらい迷惑します。
そんなことは百も承知なはずなのに、ちょっとした心の隙間に
「飼ってみようかな?、エヘッ」みたいな考えが入り込んでしまったんですね。
けしからんこってす。

コタロウは向こうでガンバっている、先生だって一生懸命トレーニングして下さっている、夫だって私のこんな我がままを許してくれている。
そんな状況の中、私もガンバらないでどーーーすんだ!、甘えてんじゃねーーーい!!。そうですよね。
そう思って今は私なりにですけれど、ウォーキングしたり、ネットで皆さんに飼い方を教えてもらったりしているワケなのです。
で思ったのですが、他のペットを飼っちゃおうかな、テヘッテヘッ みたいな気持ちって、

これって浮気ですかね?。。。

そう思っただけで浮気だと言う人もいることだし、やっぱり浮気かなぁ?とも思います。
しかしですね、人間という生き物には「理性」があります。
他のペットを飼ってみたい!、と思ったのは紛れもない事実ですが、そこを理性でもって行動に移さなかったんですね。
これが人間ですよね。
まあ、この件に関しましては理性というほどの問題でもないかも知れませんが絵文字名を入力してください

でですね(しつこいです)。
なにを言おうとしているかと申しますと、浮気はいけません。ああ、当たり前のことです。
だけれど、「あの人、素敵だな。気になるなぁ」とトキメクのは浮気じゃないと思うのです、私は。
思っちゃうんですから仕方がないような気がします。
いや、それとも思っちゃうってことは本命さんへの愛が足りなくなっているってことでしょうか?。
いやいや、そんなことはないですよね。
「いいもんはいい(はぁと)」

トキメイタとしても、そこは理性でもってキスしたり遊びに行ったりしないなら

それは浮気ではない

のではないか?と言いたかったのであります。

よって、私はうさぎやらモルモットやらハムスターやらにトキメイテしまいましたが、本気で飼うつもりなどなかったゆえ、
許しておくれなさいよ~、って言いたかったのでありました。
ご静聴ありがとうございました。

って、本当にばかばかしくてすみませんでした~ 顔文字1(背景黒用)

theme : 柴犬
genre : ペット

病院に行ってきました

2008.09.26.10:33

22日は大雨の中、病院のハシゴをしてきました。

最初は動物病院へ。
来月の月初にフロントラインとフィラリア予防を訓練所でしてもらうために、薬をこちらの病院で調達して郵送しなければなりません。
もうそろそろ送らなくてはいけないので、かかりつけの動物病院まで行ってきました。
実はその病院に行くのは、私は大好きです(はは、コタロウには気の毒だけど)。
だって、いろーんなワンちゃんネコちゃんに会えるでしょ。とっても楽しい~白柴あじ

コタロウを連れて行くと、よその人たちがそりゃもう「可愛い可愛い♪」って寄ってきちゃって大変なんですよ~。
子犬なんて滅多に見かけないですものね。だから小さなコタロウは大人気でした。
「まあなんて大人しい」とか言われちゃって。テリトリー外では石像ですからね、ヤツは。
私は苦笑いするしかありませんでしたすずく

・・・それも懐かしい思い出ですな。
この日も前回のお薬の日も、コタロウ抜きです。人間だけ待合で座っているなんて、いつも私だけです。
でもコタロウが病気になるより全然いいんで、人目なんか気にしていません!。



お薬を無事もらったら、次は人間病院(笑)へ。
雨だから、じさまばさまは動きづらいので空いていると思って行ったのですが、早朝にも関わらず大混雑でありました。
やあ、田舎のじさまばさまはお元気であります、ある意味。

近頃老眼が進んだため、念のために検査を受けて来ました。
結果はごく人並みということで、ひと安心しました。
そして、右側の尻(!!)の、足を動かすと動く部分(分かりづらいですよね)の不具合も診てもらおうと思ったのですが、あいにく整形外科はとくかく大混雑(じさまばさまは、だいたいココ目当て)だそうで、午前中に間に合わないくらい待つのはイヤなので、この日は止しました。

尻の不具合はもう3年前くらいからで、崖から落ちた時に右尻を打ってしまって、今だに度々痛むんです。
ウォーキング中も痛い時があるし、痛くなくても歩くたびに右尻からゴキゴキ音がしたりするもんで、どうにかして治したいと思っています。
だけれど、こういった症状ってあんまり真剣に診てもらえないんですよ。
もっと重篤な患者さんがいるし、歩けるんだし、そんなに痛くないならいいじゃん♪的に見られちゃうのかな?。
歩いて治せるのならいいのですが、このまま歩くと余計に悪くなるんじゃ困るので、また早いうちに診てもらおうと思っています。

しかしこんな時、人間なら先生に直訴できるけれど、犬はそうはいきません。
一番身近にいる飼い主が日々犬を観察して、異常をいちはやく発見してあげないといけないのですね。


theme : 柴犬
genre : ペット

日曜日のウォーキング 訓練所

2008.09.25.10:20

ちょっと前まで毎日はっきりしない空模様で、ウォーキングもなかなかはかどりませんでした。
そんな中、少し雨が止んだのを見計らって、朝のウォーキングに出かけてきました。
この前の週は行った先で雨が降り出し、結局夫に車で迎えに来てもらうという醜態を晒してしまったので、今回は傘持参ウォーキングです。

高速道路沿いに歩いてみました。たんぼが広がり、彼岸花が咲き、まこと良い景色でした。
024.jpg

020.jpg

そして、終着点と言いますか、折り返し地点には「○○愛犬・警察犬訓練所」があります。
まだコタロウが家にいる頃、ここに電話をかけて問い合わせてみたことがあります。
その時は「見学などしなくていいので、実際にトレーニングをしてみましょう」と言われて二の足を踏んだのでした。
でも我が家から歩いて行ける訓練所だし、どんなもんかとにかく覗いて見たかったので、一度偵察に行ってみたことがあるんです。
そうしたら、中を覗こうとしているところを可愛らしい女性の訓練士(見習さんかな?)に見つかってしまい(爆)。
でも、いろいろとお話して下さいました。
その訓練所はワクチン2回後でないと受け入れられない(しつけ教室です)とのことで、私は社会化を急いでいたため結局幼稚園を選んでしまったのですが。

で、今回のウォーキングでも覗き見にチャレンジしようという魂胆ありありで行ったんです。訓練所まで。
そうしたら、また彼女に会ってしまい・・・顔
仕方がないので(お互いに)、またいろいろとお話させていただきました。

私「犬を訓練に出したんですよ」

彼女「どこへですか?」

私「北栃木訓練所というところです、ご存知ですか?」

彼女「いえ、私、この辺りしか知らなくって」

私「(なんだ、がっかり)。先生はこちらをご存じでしたよ(”あこそはちょっと、んん~~”とおっしゃっていましたが)」

彼女「え、所長をですか?」

私「さあ、そこまでは分かりません。ところで先程走らせてらしてわんちゃんは、なにか問題があるのですか?」

彼女「いえ、あのこは競技会にでるので」

私「あら、そうなの(ちぇっ、そーですか)。あと何頭くらい訓練してらっしゃるの?」

彼女「だいたい20頭弱ですね」

私「やっぱりたくさん犬がいると、訓練が仕上がるまでに時間がかかりますよね?。預かり犬が少ししかいなければ、半年が4か月になったりするでしょう?」

彼女「いえ、う~んと・・、そういうわけでもないと思います。最初は慣らすことが大切ですから。生後3か月とかですと、慣らすのに2か月とかかかります」

私「なるほど。半年かかるのは当たり前なんですね。ところで、こちらには噛み付くとか問題のある犬はいないの?」

彼女「はいっ、柴犬がいますっ♪

私「あら~っっっ(って、なんでそんなに屈託もなく言うかな!w。彼女、うちの犬が柴だなんて覚えてないんだ。っちゅうか、問題犬はやっぱり柴かよっっ!!)。あの、ええと、その、それはこの近隣の方の犬?」

彼女「あ、いいえ、県外かな?。だったと思います(こりゃ秘守義務違反に抵触する質問だったね、ごめんね)」

私「(若干の落胆を隠しつつ)あら、お仕事のお邪魔をしてしまってごめんなさいね。またお会いできたらお話を伺わせて下さいね。どうもありがとう!」

彼女「いいえっ、また来て下さい♪(常に明るい、未来ある少女です、彼女は)」

というような、やり取りでした。
コタロウが帰ってきたら、いつかここのお教室に参加してみたいと思いました。


theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの体重

2008.09.25.10:00

なんとヤツは齢(よわい)4か月にして、体重が6kgになったそうです!
ほんとですか!?、先生っ。
いや、先生がウソをつくはずもないので本当のことなのですが、先月家を出る前は4kgだったのに、ちょっと目を離した隙に2kgも増えてしまってるなんて。
5割増ってことですよね。すごいな、犬の成長って。

預託訓練に行くとストレスで痩せると聞いていたのですが、コタロウに関してはその心配はしなくていいのでしょうか?。
訓練所の環境に慣れてきたところで本格的な訓練が始まるそうなので、その頃に痩せて来る、とも聞いています。
なんだかなぁ、6kgになったコタロウを想像できないよ、かあちゃんは・・・jumee☆uuummm1a

ブリーダーのおっさんには「母犬が小さいから、父犬ほど大きくならないと思ってね」って言われましたけれど、いったいコタロウは何kgくらいの大きさになるのかな~?。
まあ、大きくったって小さくたって、元気でさえあれば別に構わないですけれどねアンパンマン

theme : 柴犬
genre : ペット

中村先生からのメール 第2弾

2008.09.23.11:44

今回も正確には「お返事のメール」ということなのですが。

9月19日に預託訓練の費用+例のワクチン接種の費用を入金しました。
ので、「ご確認くださいませ」のメールをしました。あくまで本題は小出しですD

でも今回はもうひとつ本題を書きました(笑)。
来月の月初にフロントラインとフィラリア予防をお願いしてありまして、そのお薬を私が病院に頂きに行くのに際して、コタロウの体重を知る必要があります。
ということで「体重をお知らせ下さいませ」とお願いしました。

さらにもう一つ書いたのですが、それはまだ先でも良かったかも知れません。
んが!、もう我慢も限界でしたので書いてしまいました。

「面会日時を決めさせていただきたいと思います」

と。
もうドキドキです、この内容を書いただけで。
「焦り過ぎですよ、飼い主さん」的な返事が来たらどうしよう?」とか、ご迷惑になったらいけないので、いつ切り出していいものか時期を窺っていたのですが、もうコタロウに会いたくて会いたくて ルナちゃん

そしてメールした翌日に待ちに待ったお返事をいただきましたよ~。

そうしたら「面会日は12日が空いていますので予約を入れておきます」
ですとーーーーアゲアゲアゲアゲ

やったやった、うれしいです、本当に。久しぶりにうれしいことがあったような気持ちですよ~ きゃっ
だって、コタロウとの面会は2か月に1回と決められています。
ですので、本来の面会日は10月の22日なのですよね。
だけれど、早く会いたい一心でダメ元で12日を候補に挙げて、先生にお伺いを立てたのです。
そうしたら、まんまと先生ったら了承しちゃって下さいましたエヘヘ

ということで、10月12日は50日ぶり(ぐらい)にコタロウに会いに行って参りますよ~。

theme : 柴犬
genre : ペット

中村先生からのメール

2008.09.22.11:28

正確には「私が中村先生にメールをしたらば、中村先生が返事を下さった」ということです。

3回目ワクチンを訓練所かかりつけの病院で接種していただいたので、その「代金をお知らせ下さい」というのが、本題のメールです。
そして、あくまでも付け足しというスタンスで、コタロウの様子もお知らせいただきたい、と書き添えてみました。
もちろんそれは付け足しなどではなく、むしろ本題だったりするのですが。

先生は大変お忙しい御身ですから、私なぞのメールにいちいち返事をしていただくのは気が引けるので、「正当な本題」がないとメールできないのです。
しかしこちらとしてはコタロウの様子を逐一知りたいわけで、本題を探すのに必死だったりなんかします 汗

本題はなるべく小出しに!
これが鉄則です jumee☆faceA193R2

え~、であるからしてですね、付け足しに見せかけた本題を最後にさりげなく書くわけなのです。
「コタロウの様子をお知らせ下さいませんか?」っと。
先生だってたぶんですが、十分に分かっていらっしゃると思います。飼い主からのメールの意図を。
しかしそこは先生もさりげなく「元気でやっていますよ」と、さらりと返してくるのです。
いやあ、こちらの手のうちは全て見透かされているようで・・・あは

お返事メールにはその他に

「無駄吠え夜泣きなく、うんちも良好。こんなにおりこうな柴は初めてで、これからびしびしやりますよ」

のような内容が書かれていました。

またしても情けないのですが、これを読んでオイオイ号泣する私なのでした。
もう、毎日ありとあらゆることで泣くんです、私は。すみません。
コタロウがいい子だと言われて、喜んで泣いたわけではありません。
この1ヶ月間、コタロウのことを現実として捉えられなくなってしまっていたと言いますか、忘れよう忘れようとしていたんでしょうね。

そこへ先生がメールのお返事を下さったもんで、なんだか急にコタロウを身近に感じてしまって、愛おしいやら懐かしいやらなんやらで・・・(と、今もまた涙ぐむ)ばか

これが9月9日のやりとりです。
そして、次の(小出し)メールは9月19日に・・・。

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~すらっと大人~

2008.09.21.11:47

うちに来た頃はこんなにころっとしてたのに(2008.06.29.)。

koro.jpg



2か月も経たない間(2008.8.19.)に、ちょっとアンバランスな感じですけど、すらっと大人びてしまって。

ごあいさつコタロウ

いや、大人びるのは喜ばしいのですが、すいぶん犬というのは成長が早いもんだな~~・・・と びっくり
こりゃうかうかしてらんない!、って思いますよね。犬の成長にこっちが付いていけないって感じです。

子犬の頃の雰囲気をそのまま大人になっても持続してほしい

という私たちの願望は叶えられなかったようで、マズルはひょ~っと長くなって、目の上にはおなじみの
マクドナルドのロゴマーク(Mの字)
みたいな眉毛模様が浮きあがってきました。
あんまり全体的に白っぽくなって欲しくないし、キツネよりタヌキの顔の方がいいような気がするし。
はてさて、コタロウは第1回目の面会(まだ1カ月以上先なのよ、うぅ)の時に、どんな大人の柴犬に成長しているでしょうか?。

theme : 柴犬
genre : ペット

昨日のウォーキング

2008.09.18.19:32

昨日はラッキーのことを書いて終了にしてしまいましたが、実は猫とのふれあいもあったんですよ pink-cat
ウォーキングのルートは3種類くらいあるのですが、昨日は林道コースを選びました。
林道コースは、本格的な砂利道になる手前で引き返してくるルートです。
林道手前には小さな集落があり、昨日はそこで黒い飼い猫に出会いました。
本当は猫好きでもある私ですが、我が家の集落には猫はいませんので、久しぶりに会う猫ちゃんにトキメイテしまいました ハート pkk

猫ちゃんと目が合ったのでしゃがんでみたら、黒猫ちゃん即座にゴロニャーンと寄ってきて、体すりすり。
ああーーん、快感ですぅ jumee☆ufun1b
「愛い奴じゃ」などと思いながら、撫で撫でさすさすしちゃいました~。

って、そしたら噛まれました、猫に!


はははっ汗 猫にまで噛まれる私。。。
でも猫に甘噛み(たぶん)されても、ぜんぜん痛くないんですね。
猫は遊んでいたつもりなんですよね?、寝っころんでシャツのそでにツメ立て人差し指を噛み噛みしてきたんですけどw

theme : 柴犬
genre : ペット

今日のウォーキング

2008.09.17.19:50

おばあさんがやっているお店やさんに繋がれている犬を、いつも気にしていました。
こいつです。
048.jpg

この写真を勝手に撮らせてもらっていたら、お店やさんから女性が出てきて、
犬に向かって「ラッキー(^^♪」と呼びかけました。
すると犬はノロノロとでしたが尻尾をふって、女性に近付いて撫でられ嬉しそうにしていました。
私はすかさず「ラッキーちゃんっていうんですね♪」と女性に話しかけてみました。
そうすると女性は「そうよ。ラッキー、オスワリ!」なんちゃって、犬のお尻を地面に押してオスワリさせ(笑)、「お手」と言って、ちゃんとお手(オカワリまで!)させていました。
すんばらしいーーー。

「触っても平気ですか」と聞いてから、「ラッキーちゃん、いい子いい子、いい子ちゃんだねー」って撫で撫でさせてもらいました。
ラッキーはまんざらでもないふうで、されるがままにしていました。
マジいい子、ラッキー 顔(きらきら)

お店から出てきた女性はおばあさんの妹さんらしく、飼い主ではないと言っておられました。
「次に来たら、きっと覚えていて寄ってくるよ」って私に言ってくれました。

そんで、今日のウォーキングの時にラッキーに会いに行ってきました。
「ラッキー」とわざとあまり近くない場所から声をかけると、ラッキーはこちらを見ました。
そして、わざと通り過ぎるふりをすると、尻尾を振って寄ってきました。
うれしかったな~。だって、コタロウにそんなことされたことないんだもん(悲!!)

いやぁ、ラッキー、おまえはいい子だ、ほんとにase

ラッキーは決してみなさんが言うような、良い環境で飼育されているわけではありません。
車がガンガン通る道端に短い綱で繋がれて、ハウスもなにもない地面に寝たり座ったりしています。
日陰と言えば、この貧弱なアジサイの木だけです。
夜は山奥のおばあさんの自宅に帰って、一年中外のハウスで寝ています。
えと、年齢はまだ10歳に満たないそうです。

夫は郵便配達をしていて、配達のためにバイクでお店やさん付近に入って行くとものすごく吠える、と聞いていた犬なんです、ラッキー。。。
だから、夫からは「触らないように」って言われていたんですよね。

いったい、犬ってどんな環境というか、接し方というか、どーしたら人間と上手くやって行く気になるんだろうねぇ。。。

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~抜け毛~

2008.09.16.19:47

あれはいつ頃だったかなぁ。7月の終わり頃だから、生後3か月よりちょっと手前かな。
コタロウの背中の腰辺りの毛が、小豆粒大に抜けているのを見つけたんです。
気になって、その周辺の毛を引っ張ってみたら、これまたけっこう抜けちゃうんですね。

「これってもしかしてストレス性の脱毛じゃないですか?!」

って思って、また心配事が増えてしまいました。
ちょうどその頃に2回目のワクチン接種(ギョウチュウ事件によるリベンジなので、病院に行くのは2回目)をさせなくてはいけなかったので、病院に行って先生に伺いました。

「この抜け毛はなんでしょう?」

と。
果たして、先生の診断は「特に問題なし」との見解でした。
でも、「もっと抜けてくるようならまた来院して下さい」とも言われたので、心配でした。

・・・で、その後、様子を見ていると、なんとどんどん抜けて来ちゃったんです
しかし、最初は腰の一部分だけだったのが、全身に渡って抜け始めたんです。
て、これっていわゆる

換毛期ってやつじゃないですか~?

ですよね、きっと。
生後3か月弱で大人の毛に抜け変わるなんざ、ちょっとおマセなんじゃないのかい?、コタロウよ いちごちゃん

8月の中頃までとっても抜けましたので、ブリーダーのお店で買ったスリッカーブラシと幼稚園で買った猪の毛のブラシで、じゃんじゃんブラッシングしてやりました。
普通にケージの置いてある部屋でブラッシングしようとすると、そこはヤツのテリトリー内なので、めっちゃ嫌がってブラシごと手を噛まれます。
ので、家の玄関先に連れて行ってブラッシングしていました。
そうすると、外はテリトリー外なのでコタロウはまんまと石像状態となり、抱っこしてスムーズにブラッシングできました。

でも後々ネットで知ったのですが、屋外で犬をブラッシングするのはマナー違反なんですってね。
そう言われてみればそうですよね!、これは私が迂闊でした 反省
コタロウの毛なんかで、近隣の方がアレルギーを起こしたら大変ですもんね。
それ以前に不衛生ですよね、そうですよ、いけません。
ごっそり抜けた毛は家のゴミ箱に捨てていましたが、毛を飛び散らすのもダメ!!。
これからはもうしません。

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウのためならえーんやこーりゃ♪ ウォーキング~

2008.09.15.12:33

以前にウォーキングを始め話を書きましたが、それ以来今日までボチボチ続けています。
ほんと、ボチボチって言葉がぴったりなくらい、のんびりしたもんですが。
コタロウがいい子になって帰って来たら、お散歩には「ここもいいな」「あそこもいいんじゃないの?」なんて、ロケハンしながらぶらぶら歩いています。

我が家は山あいの小さな集落にあります。

季節の萩の花がこんなに見事なお寺あり。

tera.jpg


鉄橋の下は川が流れています。

tekkyou.jpg
ちなみに線路は単線です 電車


ボール投げ遊びは、ここでやろうかな?。

kouenn.jpg


な~んて夢が膨らみます にやり
よって、犬を散歩させるにはもってこいの場所柄なのでありますが、なにしろ人口が少ないもんで(爆)、犬の散歩友達♪みたいな雰囲気を持った方に出くわしたことがないです 苦笑
なんといいますか
「しょーがなくポチ(たいがいは老犬だったりする)を散歩させている」
的な、飼い主とお見受けする方々が多いのです。

&で、野山や空き地(といってもよそ様の土地ですが野っ原状態)はふんだんにあってそれも大変ありがたいのですが、そこへ到着するまでのアクセスが困難を極めるのであります。
どういうことかと申しますと、道路に歩道がないのです!!

山あいの村落の生活というのは、車がないとにっちもさっちも立ち行かないのです。
「ちょっとコンビニまで」にも車が無いと、へとへとになるまで歩かないといけません。
高齢者になればなるほど車が必要だったりするのが現実で、高齢化が進む山あいでは徒歩でどこかに出かける人間はまずいません。
となると、歩道の確保はおざなりになってしまい、車の台数こそ少ないものの、道は車が往来するためのものとなってしまっています。

また、そういった認識で住民は車の運転をしているので、車道を人間が歩いているとは思っていません。
ですから車道をたまたま人間が歩いていたりすると大変危険なのであります。
どっちかというと、運転者じゃなくって歩行者の方がダメだしされるような環境です。
「どこへ行くつもりなんだ、この人は?」「車がエンコしちゃたのかな」などと思われますし、私だって運転していたら、いろいろ考えてしまいます。歩いている人の事情を。

といったようなことで、犬の散歩なんかにもなにかと不便なことがあるのですね~。
今のところ、車道を犬と歩いても大丈夫そうなルートは西行きだけで、東行きは絶対に無理です。
東に行きたけりゃあ、まずは車に乗せてからある程度走って、そこから犬を降ろして散歩することになるなぁ。
そんな散歩ってどうなのでしょう???。

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~うんちから(爆)~

2008.09.14.17:24

すみません、失礼なタイトルで 顔文字1(背景黒用)

でも、出ちゃったんですもの。うんちからあれが。。。
初めて見た時は、驚きと同時に物珍しさで思わずうんちに顔を近づけてしまいました。

え?、なにが出ちゃったって?。見たいですか?、っちゅうか見せていいですか?(と聞いておきながら、見せてしまいます)



unti.jpg



ガガーーン、ショックですよ~。

あんなに可愛い子犬のおしりから、むぎゅぎゅ~っと出てくるんですもん。ギョウチュウサゲ
興味のある方は画像をクリックしてもらえると、さらにショック度が増します。

ブリーダーに虫下しを飲ませるように言われて、飼ったその日から3日間、注射器で飲ませました。
そしたら、4日間ずっとこのようなうんちが出続けましたうおぉぉおぅ
でも、それ以降は出没しなかったんですが、2回目のワクチン接種のために初めて病院に行った時に検便してもらったら、出ちゃってたんですよぉ~。
たぶん、また違う種類のギョウチュウ(?)みたいで、その場で虫下しを飲ませてもらいました。

「虫が出てくる犬なんて、今時いないよ」

と、かつて通っていた幼稚園の園長に言われました。
コタロウが育った環境はごく普通に見えたのですが、ほんとうはばっちかったのかな?。
こんな感じだったんですが(ブリーダーのおっさん、じゃまw)

kensya.jpg

虫が出ちゃったがために、2回目のワクチン接種が2週間も遅れてしまったのでした。。。
あ、3回目は訓練所近くの病院に先生が連れて行って下さいましたので、これでワクチン接種は終了です絵文字名を入力してください


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

theme : 柴犬
genre : ペット

今日はコタロウが生まれて4ヶ月目の日

2008.09.10.19:25

今日でコタロウは4か月になりましたケーキ2
せっかくの記念日だけれどコタロウはいないし、家にいたとしても、なにかするのか?と言われると、どーしたもんだか。
コタロウにお祝いのおやつかなんかあげてみたいけれど、それよりもコタロウのお母さん犬に感謝したい気持ちです。
コタロウを頑張って生んで育ててくれて、しかも私みたいな頼りない飼い主に黙って託してくれて本当にありがとう!、ってjumee☆thanks3
コタロウを託すことはとても悲しかっただろうに、それでも静かに大人しくしていてくれた立派なお母さん犬。それがコタロウの本当のお母さんです。

私はお母さんにはなれないけれど、コタロウに頼られるような飼い主になりたいな。
それがお母さん犬へのせめてもの恩返しだと思います。

・・・と口で言うの易し、行うは難し。なんたって、今現在、育児放棄中だしなぁアイコン名を入力してください
だけれど、今のところはがんばって仕事して稼いで(預託にお金がかかるもんで~)、体力作りして、ネットや本で犬のことお勉強して、ってなことくらいしか思いつかないけれど、やれることをやっていこうと思っています  ファイト

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~停電~

2008.09.09.18:12

我が家は田舎の山あいにあるもんで、落雷などでよく停電します。
なので、私らは停電自体には慣れているのですが・・・。

夜の9時頃にコタロウをハウスから出して15分休憩をしている時に、停電になったことがあったのです。
この時は、焦りました~。
なんたって、コタロウはコタロウ部屋に放し飼い状態で、隣の部屋に続く扉が開いたままです。
犬は夜目が利くと聞いたことがあるので、勝手にどこかに行ってしまうと(下りの階段などもあるので)大変!です、危ないです。
停電すると、いつ復旧するのか分からないので、下手をすると朝まで暗闇で過ごさなくてはならない可能性もあるんです。

部屋が真っ暗になってしまうと、コタロウどころかすぐ近くですら見えない状態で、私は非常に不安になってしまいました。
真っ暗闇が怖いのと、コタロウがどこかへ入り込んで怪我でもしないか(悪さをしないか)、不安で不安でもうプチパニックですアップロードファイル

しかし、たとえ無駄でもとりあえずコタロウを呼ばずにはいられませんでした。
「コタロー、コタロー、どこにいんの?、おいで」と。
普段は呼んだって見向きもしないコタロウなので、こんな時に呼んだって来やしないと思ったのですが
なんとコタロウはこらちへやって来ました
なんで暗闇の中でコタロウがこちらへ近づいて来たのが分かったのか?というと、コタロウが私の腕や背中に鼻をかすかにくっ付ける感覚があったからなんです。
鳴きもしません、ただ静かにフンフンと鼻息が聞こえて、すこーしだけ鼻を私にくっ付けたり離したりしていました。
って、この時、コタロウから近寄って来たからと言って、撫でたりは出来ないわけですが>体に触ると噛まれるんで(苦笑)

だけれど「うわ~、なんてコタロウったらいい子なんだろう!」
そう思っちゃいました。
実際「いい子だね、コタロウ!」って誉めてあげました、その時。
だって、どこにも行かず、私が呼んだらこちらへ来たんですもの。いい子ですよね~。

・・・って、その時はそう思ったんです。
でも、本当はいい子だとかそんなんじゃなかったんじゃないかと  jumee☆uuummm1a

コタロウったらもしかして、
停電になった=群れに危険が迫った
って思ったんじゃないかな?。
そして
俺様の子分が不安そうな声を出して俺様を呼んでいるから守ってやらなくっちゃ!
って思ったんじゃないでしょうか?!。
だから、そっと私(ヤツからするとたぶん子分です、ハイ)に寄り添って、怖くないよ~って、なだめてたんじゃないかと。。。

どうですか?、この推測。
動物の行動心理学を学んでいる方がいたら、伺ってみたいもんですはぁ

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~ハウス 2~

2008.09.07.17:41

ハウスが好きなコタロウではありますが、なぜか夜中にトイレのために起こされてトレーニングだのなんだのされた後にハウスすると、とっても暴れてました。
嫌だったんですね、可哀そうに。ごめんね。

ええ~と、前回のハウスの話で、コタロウはハウストレーニングの時に大人しくなると書きました。
私がハウスの前に正座すると、コタロウも私の前でスワレします。
この時もやっぱりとっても可愛くって、「いい子ね~」と言ってからフードをやります。
その次は、特にこちらからアクションした訳ではないのに、コタロウが勝手にフセすることがあったので、そのままフセのトレーニングもやれました。
フセなんかその時以外はやらないんですけどねぇ。。。

なので、クレートトレーニング中はスワレとフセも繰り返し練習できました。

コタロウを預託訓練に出すことを決めた頃に不思議なことが起こったんですよ。
クレートトレーニング中にフセして、後ろ脚で脇腹をカキカキしていたコタロウを見て、正面に座っている私が「ここが痒いの?」って言いながら、カキカキしている辺りを触ったんです。
そうしたら、全然噛まないの。

???と思いながら、ちょっと背中なんかも撫でてみたんです。
そうしたら、まるで無反応。さらに調子に乗って頭から背中にかけてずずいーーっと触ってみたら、これまた噛まないんです!。
もう、すごくビックリしてしまいました。
コタロウが急にいい子になった~バンザイ
って思いました。
もう、誉めまくってフードをガンガンあげました。うれしかったな~、あの時は。

がしかし、そんなにたくさん触らせてくれたのはその時だけでした、
というか、脇腹カキカキするのは、緊張とか嫌だとかそういった感情を打ち消そうとしてやっている行為らしく、クレートトレーニング中におけるカキカキ時では、その日以外のトレーニング中にも触ることは可能でした。
けれど、そんなに真正面からずずいーーっと、てのはその時1回きりだったなぁ。

犬ガム噛む時に触らせてくれたり、ボール遊びで目と目を合わせてくれたり、クレートトレーニングで大人しくなってくれたり。
そういう事例だけを取り上げるとコタロウはそんなに悪い子じゃないんじゃないか?と思ってしまいます。
いや、思ってしまいました。夫と2人して。

だから中村先生が家にお見えになっても「この程度なら、預託訓練など必要ないですよjumee☆faceA176」って言われるんじゃないか?、って本気で思っていました。
今考えると、夫婦して大バカタレです、お恥ずかしいブーイング

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~ハウス~

2008.09.07.17:11

犬の幼稚園の教育方針の要であったハウストレーニングですが、2時間置きの出し入れについてはとても疑問に思いました。
しかし、犬を落ち着かせるのに効果はあったのかも知れません。

というのも、コタロウはもちろん進んでハウスするような犬ではありません。
が、ハウス=守ってくれる建物、というふうに理解していたようで、幼稚園内ではハウスしまくりでした顔
幼稚園はテリトリー外だったので、とりあえずハウスの中にいたかったんでしょうね。

そして家では、15分間休憩(分からない方はこちらをお読みください)の終盤に、私がクレートのそばに正座すると、なぜかコタロウは私の前(クレートの前)にやってきて、スワレをします。
フードを使ってハウスさせていたので、フードが欲しかったのかな?とも思いますが、フードにあんまり興味を持たない犬だったので、私にはコタロウの気持ちはよく分かりません。

15分休憩の終盤に私がクレートのそばに座る=もうすぐクレートに入って2時間過ごさなくてはならない、ということがコタロウにも十分に認識できていたハズなのに、なぜかその時になると大人しく私の前にスワレするんですね。
今までボールやら犬ガムで遊んでいて、それをこちらが急に中止するんですが、それにもそんなに異論(笑)はないようで、吠えたりしてせがむことはありませんでした。

ということは、積極的にクレートに入るのは嫌だけれど、
入って2時間過ごすこと自体は平気(むしろ好き)ってことなんでしょうか?。
とても我がままに育ててしまったコタロウですので、クレートに入れられるのが嫌と思ったら、今にもクレートに入れられそうなのに、大人しく私に近寄ってくるなんてあり得ませんものねぇ。。。
しかもいつもは興奮状態が普通なのに、クレートトレーニングの時はとても大人しいんです。

私がコタロウにやってやれたクレートトレーニングはこうです。
フードをクレートの奥に投げ込んで、コタロウがそれを食べに中に入ったらすかさず「ハウス」と言います。
そして、「いい子ね~」と言って、まだハウス内にいたら、さらに「いい子ね」でフードをあげます。
まだいたら、さらに「いい子ね」でフード・・・という感じです。
出てしまったら、ノーリアクションです。
これを何度か繰り返したら、コングにレバーペーストを少し塗ったのを最後にクレート奥に入れて、コタロウが入ったところで扉を閉めて終了にします。

コングが入った時点で、コタロウはこれが最後だと分かっていたと思いますが、大人しく入っていきました。
まあ、クレートトレーニングの最初っからこういう訳にはいきませんでしたので、最後に扉を閉める時には、抱いてお尻からクレートに入れて扉を閉めていましたけれど、それでも暴れたりはせずに大人しく入ってくれました。
ようはコタロウはクレートが好きですすーキ

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~アイコンタクト?~ 

2008.09.04.08:11

噛みつく、暴れる、体に触らせない、生後3か月にして俺様状態。
そのくせテリトリー外では、固まってしまって石像と化し、リードを少しでも引けば、大げさに泣き叫けんで一歩も動かない。
そんな我がままと臆病が同居してしまったコタロウでしたが、テリトリー内での遊びは大好きでした。
特に「持って来い」遊びは得意だったと思います。

おもちゃを投げてやると走って取りに行って、私の前まで戻ってきます。
おもちゃがボールだった場合は、私が「オフ」と言うと、それをコマンドとして理解しているかは甚だ疑問ではありましたが、とりあえず口から放しました。
その時、すかさず「いい子ね~」と言うと、立っている私の眼を見上げるようになりました。
幼稚園で教わったことが功を奏したようで、誉められているという感覚があったのかも知れません。
「いい子」と言う言葉に、少し反応出来てきたように思いました。

そして、「いい子ね~」と言ってコタロウと私の目と目が合っている間は、自然と「マテ」状態になり、コタロウはその時持って帰ってきたボールには見向きもしないで、ひたすら私と目を合わせ続けます。
犬はそういう時に、まばたきをしないものなのですねウインク
真っ黒なつぶらな瞳で、じーーーっと私と目を合わせるコタロウは、
この世で一番可愛い存在でしたラーヴ

また、「マテ」の真似ごとで、私が手の平をコタロウに向けて「マテ」と言うと、コタロウは必ず小さな舌を口の右側にチロッと出すんです。
これがまたどうにもならないくらい可愛いーーjumee☆faceA151

本当はマテを何度も言うのは間違っているそうなんですけど、その舌チロを見たくて何度も何度も言ってしまいました。
そうすると、コタロウは何度だってチロチロやるんです。
もう悶絶萌え~~~萌え

はぁはぁ・・・

ひとしきり悶えてから、ヨシと言ってボールを蹴ってやると、コタロウはまた走ってボールを追っかけ咥えて戻り、そして見つめ合い・・・ってのを、何度も繰り返して遊びました。
幸せでした、とても。
膝に乗って犬ガムを噛むのも、ボール遊びで目と目を合わせるのも、
もしかしたら信頼関係みたいなものが築けつつあるのではなかろうか?
などと、勝手に思ったものでした。
でもでも、まったくそじゃなかったみたいね涙

theme : 柴犬
genre : ペット

コタロウの記憶 ~コタロウを大人しくさせる~

2008.09.03.18:17

コタロウが居なくなってから、13日経ちました。
・・・って、まだ左手の指を使って数えられるくらいの日数しか経ってないんだなぁ 涙

先月の22日に先生に連れられて行った後は、コタロウ部屋にあったケージを畳んで、敷いただけで全然汚れていないシーツと汚れているのをより分けて片付け、水飲み用の茶碗を洗って、おもちゃの要らないのを捨てて、ドッグフードも賞味期限切れになるので処分し、コタロウ部屋も入念に掃除しました。

そんな作業に1時間もかからなかったです。やり終えると、さらにさみしさが募ってきます。
今は主のいなくなったクレートが、なにもない12畳の部屋にぽつんと置かれています。
うぅ、心にぽっかりと穴が空いたというのは、こういう気持ちなんですね。
自分でコタロウを半年間手放すことを決めたくせに、なんでこうも往生際が悪いんでしょう。
コタロウは見知らぬ地でガンバっているというのに、ばかたれな飼い主です。

たった2か月間しか一緒に暮らしていなかったけれど、その間コタロウはちっとも懐いてくれなかったけれど(爆)、それなりに思い出もあります。
楽しかったことと辛かったこと、両方ありますが、今は楽しかったことの方が思い出されますね。
そのことを書いて、気を紛らわせようかな 犬

コタロウが暴れて暴れて私たちを噛んで噛んで仕方がない時、ちょっとでもじっと大人しくしていて欲しくて、それ用のおもちゃを考えました。
タオルやぬいぐるみなどの柔らかい物だと、振り回して興奮して唸ったりするのですが、歯が入り込まない硬いおもちゃ(ある種食べ物)だとなぜか動き回らずにその場で噛み噛みしていることに気が付いたんです。

最初は木の棒で、取って来い、の練習をするためのただの木でした。
それで遊ぼうとすると、取って来て私たちの目の前で噛み噛みして、大人しくなるんです。
「これはいいわ!」
と思ったんですが、木の棒は見る見るうちにぼろぼろになり、ササクレてきてしまって、犬にとって非常に危険な状態になってしまいました。

これではいけないので、雑誌で見た「フェッチ」という梨の木で出来ているという、木の棒をネットで購入して与えたところ、大当たりMoEアイコン(ワーイ)
コタロウはとっても気に行った様子で、大変大人しく噛み噛みしてくれました。
しかし、このフェッチもササクレはしないもののボロボロと崩れてきてしまい、その欠片をずいぶん食べてしまっている様子でしたので、あえなく使用中止に・・・。

そして
どうせボロボロにして欠片を食べてしまうのなら、最初から食べ物なら問題ないのではないか?
と考えて、今度は牛のひづめという、一種の犬ガムみたいな物を与えてみました。
これがまたまた大当たりひゃっほぅ
この牛のひづめは大変固く、また臭いがなんというか「獣臭」ってんですか?、そういった犬がさも好みそうな物で、コタロウはすぐにひづめの虜になりました手書き風シリーズハート

ひづめを噛み噛みする時、コタロウはなぜだか私の膝の上に乗って来るんです。
コタロウは、床にあぐらをかいて座っている私の足の間にゴロンと横たわって、夢中でひづめを噛み噛みします。
その時は体中のどこを触っても嫌がりません。というより、触られていることに気が回らない、といった感じでしょうか。
普段は体を触られると大変嫌がって、噛み付いて遠ざけようとするのに。
コタロウみずから私に膝に体を預けてくれて、さらにどこでも自由に触らせてくれたので、こちらもとてもうれしくって、15分間の休憩タイム(?)には必ずひづめを与えては、ひとときのスキンシップを楽しんでいました。
う~ん、あれは楽しかったな~、今思い出してもえへ4

その後、牛のひづめは犬の歯にとって危険だという情報を得たので、即座にひづめを与えるのは止しました。
代わりに馬のアキレスというのなら良いということだったので、早速買って与えたところ、ひづめと同じように気に入ってくれて、同じように膝の上で噛み噛みしてくれました。

なぜアキレスやひづめを与えると、あんなに触られるのを嫌うコタロウが、わざわざ私の膝に乗ってきて、まるで撫でて欲しいかのように大人しく噛み噛みしていたのか不思議です。
コタロウはへそ天になって腹を見せること(服従姿勢)を絶対にしない犬でした。
無理に仰向けにすると激しく噛んで抵抗していました。
それが、アキレスやひづめを与えると、自分からへそ天に転がってアキレスやひづめを私に引っ張ってもらいたがりました。
その時は、不思議な気持ちながらも大変愛おしいと思いました。
この状態が、アキレスやひづめ無しでやれたらどんなにいいだろう、と思いながら・・・。

theme : 柴犬
genre : ペット

コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。