スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰り、小太郎

2009.02.21.17:07

おかげさまで昨日、小太郎が予定通り、無事に我が家に帰って参りました。
今のところ、大変大人しく遠慮がちに良い子で過ごしております。


この日をどれだけ待ち焦がれていたことでしょう。感無量というのはこういうことだと思います。
小太郎にすまなかったという思いと、会いたくてしかたがなかった気持ちなどがない交ぜになって押し寄せて来ました。
こんなに切なかった半年間は今までありませんでした。

そして昨日から一日経った今は、散歩などを終え、やっとブログの更新を行う余裕ができたところです。
ちなみに小太郎の名前がカタカナから漢字に変わっていますが、夫が「大人になって帰ってきたから、今日から小太郎でいく」と申しまして(^^ゞ。
しかたがないから、お付き合いお願いいたします(笑)。

さて、卒業の様子をご報告します。
お天気にやきもきさせられましたが、先生がお見えになる頃にちょうど日が差してまいりまして、本当にありがたかったです。
ご存知ない方もいらっしゃるかも知れません。
北栃木の訓練所は、卒業日には先生自ら犬を自宅まで届けて下さり、自宅訓練を施してから晴れて卒業となるのです。

先生の車のクレートから出てきた小太郎は、私を認識してまた大喜びしていました。
これでとりあえずひと安心。
そして先生から、「5分くらいお散歩して来て下さい」との指示があり、さっそくご近所を一周しました。
小太郎はちょっと興奮気味でしたが、まあまあ上手に歩けました。
先生の視界から外れたところで、小太郎を抱きしめて泣きました。
でもぐずぐずしている時間はないので、すぐに気を取り直し、鼻水拭いて先生の待つ家の前に戻りました。
散歩は問題が無かったことを告げると、次は家の中に入り、室内での注意事項や訓練の仕方などを細かく指導していただきました。
練習したのは、いつものスワレフセマテなどですが、ハウスの出入りの仕方も教えていただきました。
また、餌を途中でマテをかけて取り上げ、すぐに戻してヨシで食べさせるとか、そう言ったこともしなくてはいけないそうです。

笑っちゃうのはその餌のことなのですが、小太郎は餌にあまり興味がないようで、生後11か月だというのに朝食抜きなのだそうです。
なので、1日1食!。
そして、私は手作りごはんを実践しようと手ぐすねを引いていたのですが、小太郎は折角の私の手料理をあっさりと拒否(号泣)。
ダメダメなヒルズのカリポリを、100グラムほど食べてもうごちそうさましていました。
戻ったばかりで環境が変わったから、緊張していて食欲がよけいに無かったのかも知れません。

室内での説明や訓練の後また外に出て、今度は先生と一緒にお散歩訓練をしました。
そしてまた室内に戻り清算などを済ませて、先生から「今日で卒業ですね」と申し渡されました。
先生は柴いぬの扱いづらさをイヤというほど経験していらっしゃるので、「どの柴犬も小太郎のように大人しい子だったら、こんなに楽なことはないのにな~」とおっしゃっていました。
また「もりもりさんが小太郎を飼うのが犬飼い2度目か3度目の経験なら、楽に飼えたと思います。ただ最初の拒絶に関しては放っておいたら大変なことになっていたのは間違いありません」とも。
これが小太郎に関する先生からの総評でしょう。

先生が2時間ほど指導して下さってお帰りになった後ですが、小太郎はクレートに自主的に入ったまま出てきません。
先生がいらっしゃる間もそうでした。
なにせ我が家での生活が2か月間、訓練所での生活が6か月間、ということで、小太郎にとってはここが自分のかつていた家だという認識がないようです。
以前ケージを置いていた場所とは、今回まるで違う場所にしてしまったのも関係があると思います。
PCを置いている場所のすぐ近くにクレートを置いたケージがありますが、小太郎はじーーーっとクレートの窓から外の様子を伺っていて、ケージの扉を開けても出てこない時があります。
まるで買ってきたばかりの頃のようです。
6か月間慣れ親しんだ環境からまた違う環境に移されて、かなり戸惑っているのが分かります。
だからと言って、犬に気を使うことなどない、と先生はおっしゃっていました。
ですので家の中ではあまり構わないようにして、どんどん外には連れ出しています。
多くの人間に接触させていろんな経験をさせて下さい、というのが先生のご意見でした。

ということで、今朝は車にクレートをセットしてひとり(プラス犬)でホームセンターに行き、小太郎をカートに乗っけてブラブラ買い物を楽しみました。
そして家に帰って来て一休みしてから、徒歩30分のところにあるドッグランに行き、会員になってその場でドッグランデビューをしてきました。
詳しくはまた後ほど書きたいと思いますが、どちらの体験も初めてのことでこちらがドキドキしましたが、小太郎はおかげさまで大変いい子にしておりました。

小太郎が昨日我が家に帰って来て今なにを思うのかは、まだ新米飼い主の私には正直全然わかりません。
ただ、飼い主の私は最高に幸せです。
こんなに楽しくってほんとにいいの?、と思ってしまうくらい楽しいです。
これからは今の私と同じくらい、小太郎にも幸せになってほしいと切に願っております。
そのためだったら何でも叶えてやりたいと思います。
甘やかすことが小太郎の幸せだとは決して思っていませんから、訓練は今後もしっかり続けて、訓練以外ではリラックスして過ごさせるよう努力したいです。
皆様方にはこれまで以上にいろいろとご指導いただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

中村先生をはじめ、訓練所の先生方には大変お世話になりました。
改めてお礼を申し上げます。

まだバタバタしておりまして、写真などの余裕がございません。
これから随時書いて参りますので、今日はこの辺で(^^)。



スポンサーサイト

theme : 柴犬
genre : ペット

4回目の面会 「歯磨き」

2009.01.15.08:14

前回の面会の時に歯磨きについて先生に質問してみたところ、すぐさま実演して下さいました。
その模様は・・・。
先生、ポケットからやや(かなりw)古びた黒い軍手を取り出され、手にはめ、そのままコタロウの口を掴んで指を口に入れ、歯をごしごしゴシゴシ、「えいえい」とか「うりゃうりゃ」とかおっしゃられながらけっこうラフに擦っていらっしゃいました^^;。

今回はそれを参考に、私がやってみました。

ん~、どれどれぇ。。。
いやっ、やな予感。
068.jpg

このようにふん捕まえぇ。。。
・・・いじめ反対・・・
066syou.jpg

見してみそ~♪、ぷぷっ。
ひどいっ、こんな顔にして!。
067syou.jpg

あ~、けっこう難しいものですね。コタロウが動いてしまうもので。
はががが、何をする~!
069syou.jpg


というような感じで、先生ほど大胆にはやれませんでしたが、コタロウはやらせるにはやらせました。
ここでちょっと失敗したのは軍手は両手にすべきだった ということでした。
そうすれば、効率よく出来たと思います。
また、1人がコタロウを押さえ、一人が歯磨きする、という風に2人組でやるのがいいと思いました。
押さえると言っても、暴れるわけではなかったのですが、動かれるとこちらがゴシゴシするのに躊躇してしまって。
人間の歯ならゴシゴシしたことなどたくさんあるのですが(仕事で)、犬となると勝手が違い過ぎますな^^;。

歯磨きとは話が違いますが。
今回、先生のお話を伺っている最中に、コタロウがひまつぶしに小石を口に入れたことがありました。
なんだかごにょごにょ飴でも舐めているかのように、口を動かしていたので分かりました。
これはイカンので、口に指を入れて取り出しましたが、別にヤツ的には異存はなかったようです。
すんなりと「ぺ」しました。
あんなに噛み付く犬だったのに、いともあっさりとなぁ・・・。
いい子になりました(^^)。

歯磨きすることは、私の夢でもありました(変な夢~w)。
できればブラシでやってみたいです。やれそうなら、チャレンジしたいですが、まずは軍手で慣れてもらいたいと思います。

今回の歯磨きごっこで、初めてコタロウの口許にこんなにも接近しました。
ごくごく小さい時(まだ我が家に来て間もない頃)に、可愛いからと言ってコタロウが遊んでいる最中に顔を大接近させたことがありました。
そうしたら速攻で飛び付かれ、唇に噛みつかれました(T_T)。涙出ました~。
以後、もっとアグレッシブに噛み付くようになったので、顔など接近させられるはずもありませんでした。
しかし、面会も3回目頃になると自然とお顔とお顔をくっ付けられるようになりましたし、歯磨きごっこもやれるようになって、今はとても満足しています。

歯磨きごっこをしていて初めてコタロウの口臭を嗅ぎました(笑)。
体の芳ばしいニホヒとは違って、やっぱり多少生臭かったです(爆)。
それでもたまらなくいい匂い~~(ド変態飼い主!)

ひと(犬w)の口臭のことをとやかく言ってるけど、おかあはどうなのさ。
くん・・・なぬ、昨夜は焼肉か?

008.jpg

theme : 柴犬
genre : ペット

4回目の面会 「和犬だからなのか?」

2009.01.13.08:22

卒業犬のママさんたちの手記を拝見すると、「4回目の面会時には、警察犬並み(大げさですがw)にお利口さんになっていてびっくり」と言うように書かれていたので、私もかなり期待して面会に臨みました。
しかし、コタロウは3回目の面会時と全然変わらない・・・と言いますより、前は歩くは、スワレは無視するは、フセさせようとすると立ち上がるは、マテは忘れちゃった??、くらいな状態でして(汗)。
訓練所の庭で先生がやらせると、まあ出来るのですが、それでもマテではよく立ち上がってしまっていました。
どうしちゃったのかな~????

前回の面会の時はどれもよく出来ていたのに、なにかあったのでしょうか?。
先生はこれでヨシとされているので、良いのだろうなぁ~、とは思いつつ心配です。
先生いわく、コタロウはごく普通の柴いぬで覚えが悪いとかそういったことはない、そうです。
ですので、このあたりが柴の出来上がり具合なのかも知れません。

手記を書かれたママさんたちのご愛犬はどちらもMダックスちゃんで、コタロウよりも問題行動がある意味ではとても激しかったワンコたちでした。
しかし、卒業時には今のコタロウとは比べ物にならないくらいお利口ちゃんになっていたとのこと。
これが個体差でしょうか。

4回目の面会ではどうしてもコタロウの欠点ばかりに目が行ってしまい、卒業を言い渡されても正直バンバンザイな気持になれなかった私でした。
今回はお出迎えでうれしょんもしてくれなかったし(笑)。

だけれど、新しく出来るようになってきたこともありました。
アイコンタクトというやつです。
コタロウの場合、アイコンタクトというにはちょっと頼りない感じでしたが、散歩中やマテの解除を待つ時など、たまにチラチラとこちらを見ることがありました。
これをアイコンタクトと呼べるのか分かりませんが、今までなかったことでした。

チラっとな
028.jpg

まだかいな
005 syou

おとうちゃん
019syou.jpg


また、散歩中に私たちがリードを手から放して走り出してみたところ、一緒についてきました。
私が急にUターンしてみるとコタロウはその場で立ち止ってしまいましたが、呼ぶと走ってきました。
さらに夫が同じようにやってみると、びしびしアイコンタクトしながら一緒に走っていました。
超感動しましたが、ちょっと(かなりw)ジェラシーーーwww
でも、冗談抜きで(いや本気w)とっても良いことだと思いました。

呼ばれて走ってくるのは、今のところ誘惑もないので好きなようです。
フセれなくてもマテなくても、
呼ばれて走ってくるのならいいじゃないか!
今は、落ち着いてそう思えるようになりました。
よそ様のワンコちゃんとコタロウを比べて、欠点ばかり見ていたらいけないですよね。
良いところを伸ばすのが私の役目なのだと反省しています。

おらっち、柴いぬじゃん?。
だから訓練とか馴染めないのよ。だからあんまりアツくなんなって。なあ、おかあよ。

076.jpg

あそう?。そうだね、そうゆうことにしとこうか。
しかし毎回会うたびに顔が変わっていくね。この写真の顔は、どうもしっくり来ないけど、まいいか(^^)。

theme : 柴犬
genre : ペット

4回目の面会 「来月卒業」

2009.01.12.14:00

中村先生から来月卒業を許可するとのお達しが出ました。
卒業日は相談の結果、2月20日の金曜日に決定いたしました。
当日は先生自らコタロウを我が家まで送り届けて下さり、私たちとコタロウに一通りの訓練をしてから引き渡して下さる段取りです。
コタロウが訓練所に旅立ったのが8月22日の金曜日でしたから、ほぼまるまる6か月間、コタロウはガンバったことになります。
もちろん私たちも、コタロウに会えない寂しさやら言葉では言い表せないような思いに囚われて、忍んで忍んでこの期間を過ごしたわけですが、コタロウのガンバリに比べたらさもないことだったと思います。

本当にコタロウは良く頑張りました。

そのことを褒めてあげて、形にしてご褒美をあげたいけれど、それをどうやったらいいのか分からない自分がもどかしいです。
私はオヤツは与えたくない主義ですし、コタロウは撫でくり回されるのが苦手ですし、他に犬が喜ぶことってなんでしょうね^^;。

しかし実は卒業日までにあと1か月半ほどあるのです。
切ないことにその間、もう面会の必要はないと言い渡されてしまいました。
コタロウが帰って来る日が決まって心は浮足立っていますが、預けた最初の月(2か月間面会謝絶)と同じくらいまた我慢しなければなりません。
そう思うとこの1カ月半はとても長いな~、と感じます。


コタロウよ、いよいよ来月卒業だってよ。
ええぇぇっ?!、なんですと~っ。
083.jpg


だから、もうお家に帰っていいんだってさ。
ぎゃおーーっす!、これでまたおらっちが威張れる、やったぜ。
084.jpg


調子に乗り過ぎ。口は閉じる、フンッ。
(むぐぐぐ~、どうするおらっち・・・)
085.jpg


theme : 柴犬
genre : ペット

4回目の面会 「大雪注意報発令!」

2009.01.11.13:15

1月9日金曜日、待ちに待った4回目の面会に行って参りました。
今回は年末年始をはさんだので、1か月以上も待ちましたよ~。辛かった。

が。こんなに心待ちにした面会の日だというのに、
いうのに、いうのに
なぜ大雪注意報が発令されるの。うぅ。
私たちは雪なんかどうでもいいのです。アイスバーンだろうがなんだろうが行きます、訓練所まで。
通常片道5時間を要しますが、何時間かかったって行きます。コタロウに会いたいのです。
しかし、犬の訓練というのは屋外でやるものでして、悪天候時は訓練はお休みになるものでございます。
ですので、面会時に雨(もちろん雪でも)の場合、なにもやれやしないのです。
イコール中止となってしまうのでございます。

いやいやいやいや~っ!、それだけは絶対に絶対にいや~!!!、いやと言ったらいやなんです!。
お分かりいただけますよね。
実は前日に中村先生から連絡がありまして、「雪が積もるので来週にしてはいかがなものか」とご提案を受けたのです。
もう目の前が真っ暗になりました。
でもどうしてもそれはいやだったので、「万全の体制で参ります、面会が実りの少ないものになっても構いません(最悪、事務所の中で面会させて下さるのは知っていたので)」と返信して、それに対する返信も受け取らないままに、翌日面会に行くことに決めました。

そして当日朝起きて(午前4時です)おもてを見ると、
もう降っている~~っ!
至るところ真っ白で、私の頭の中も真っ白。
でも、なんだってどうしたって行くんです!。
舞落ちる雪の中、車を走らせているとつくづくおバカな2人だな~、という思いになりました。
こんな雪の中、仕事でもないのに朝の5時前から車を走らせて、犬に会いに出かける夫婦。
どう考えてもおかしい。。。行ったはいいけれど、帰って来られるのか?。

車中で聞く天気予報はどれも絶望的な予報ばかり。
なんだかコタロウのことも考えられないくらい、ぐじぐじとお天気を恨みながら車を走らせていました。
そして訓練所近くに1時間前に到着したところ、なんだか雪が小降りになってきました。
そうです。
皆様もご存知のとおり、予報ではとんでもないくらいの大雪に対する警告を発しておきながら、
これっぽっちも当たりやしませんでした。

かくして、面会時間内の2時間は小雪こそチラとは舞いましたが、全部屋外で決行されました。
ああ、こんなにありがたかったことはありません。
私たちは帽子を被ったけれども、コタロウはちょっとだけ濡れてしまいました。
風邪引いていないかな?、少し心配です。

ということで、極寒の中で面会してきたわけです。
私なんか鼻真赤です。ビデオみると体が硬直しています。
だけれど、コタロウは震えることもなく至って平常心(?)でした。
さすが柴いぬです。


ぎゃー、またとっ捕まった
059 tukamaru


てなことで、あけおめ☆。今年もおらっちとおかあおとうをヨロシクね!
074 akeome

theme : 柴犬
genre : ペット

コメントはこちらに
お気軽にどうぞ☆

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

もりもり

Author:もりもり
私:もりもり
アルバイトしたりPCしたり、お気楽に暮らしている主婦です。
犬を飼うのが長年の夢でした。
それが実現できて、とってもうれしっかったのもつかの間。。。

愛犬:コタロウ
柴犬オス 2008年5月10日生まれ

twitter
    follow me on Twitter



    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    押すと幸せになれるかもしれないボタン
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。